どうする社内恋愛!一つの可能性?それともタブー!?

どうする社内恋愛!一つの可能性?それともタブー!?

職場は仕事をする場所であることに変わりありません。しかし、そこでは複数の男女が一緒に仕事をすることになり、日々コミュニケーションをとります。その中で恋愛に発展するのは不思議な事ではありません。この記事では社内恋愛における復縁を考えている方にとって有益な情報を紹介していきます。

復縁の可能性はあるのか

恋愛においては、全ての可能性を否定することはできません。例え生命の危機を感じるような激しい喧嘩の末別れたとしても、時間の経過によって冷静になることができるので再び歩み寄れる可能性があります。
なので、社内恋愛における復縁の可能性は十分あり、毎日会っているという環境であればむしろチャンスが多いとも言えます。人間は、心理的に毎日顔を合わせていると敵対心が薄れて自然と距離が近くなるという傾向があるからです。仕事なので、気まずいからと言ってコミュニケーションしなければ支障が生じますし周囲にも迷惑をかけてしまいます。さすがに別れた直後は重い空気が流れるかもしれませんが、一緒に仕事をするうちに重たさが消えて笑顔で会話できるようになります。
復縁を望む場合は、例え気まずくても避けるような態度を示さず女性らしく笑顔で元気な印象を与え続けることが大切です。もしコミュニケーションが少ない中で避けてしまうと、男性側は本当に嫌われていると判断してしまい距離が遠くなる可能性があります。社内であまり距離が近すぎるのも周囲の目が気になってしまうので、つかず離れずの距離感を維持しつつ愛想の良い態度を心掛けたいです。友達のような関係性になってしまうと、再び恋愛をする空気に戻すのが難しいと思う方も多いですが決してそうではありません。まずは友達のように気軽にコミュニケーションできるような間柄にならないと、その次の展開が見込めないからです。

サインを見逃さない

社内恋愛は、周囲に知られているならそれほど気を使う必要がありません。しかし大抵社内恋愛というのは周囲から反感を買う場合が多いので、秘密にしなければいけません。なので、気軽にボディタッチをしたり見つめ合うなどの行為は極力避ける必要があります。内心、復縁を望むのであれば毎日同じような過ごし方をしていると距離が遠くなる可能性があるので、相手からのサインを見逃さないようにします。
まずは、頻繁に視線を感じるというのはポジティブに捉えたい出来事です。相手が頻繁に視線を送ってくるということは自分に興味がある証拠なので、相手も未練が残っている可能性が高いです。もし心の底から嫌っているのであれば、視界にすら入れたくないと思うのが人間の心理です。
そして、会話をする時に穏やかな表情だったり笑顔を見せた場合も良いサインです。元々交際していたのであればスムーズに会話できるものですが、嫌っている場合は顔がこわばったりして笑顔も見られません。なので穏やかに笑顔で会話できた場合はあなたに心を開いている証拠ですし、良い印象を与えたいと思っている可能性が高いです。ただ中には未練があるにも関わらず、恥ずかしさからあえて素っ気ない態度をとってしまう男性もいるので注意が必要です。素っ気ない態度をとられたからと言って、即座に心を閉ざすことなく慎重に向き合っていく必要があります。
頻繁に食事などに誘ってくる場合は、復縁の可能性が高まっていると言えます。プライベートでも会いたがるのは二人の時間を心地良いと思っている証拠ですし、再告白のタイミングを虎視眈々と見定めているのかもしれません。単純に食事に行くだけであれば男性同士でも良い訳ですし、新たに狙っている女性がいるのであればその方を誘うのが自然です。それなのにも関わらずあなたが誘われる場合は望ましい状況です。
女性心理としては、男性から様々なアプローチを受けながら恋愛を進めたいものですが、同時にこちらからも脈ありサインを出した方が有効です。見つめたり食事誘うなどすれば、男性もその気になって積極的な態度に変わるかもしれません。

ポジティブになれる体験談を紹介

ここで、ポジティブになれる体験談を紹介します。どのように社内恋愛が復縁したかという流れを客観的に見ることで活用することができます。
男性Aと女性Bは半年ほど社内恋愛を続けた末、他の社員から関係を疑われたのをきっかけに徐々に不仲になってしまい破局に至りました。社内恋愛という事実に罪悪感があり、やはり止めておいた方が良いという判断に至ったのです。ただ、激しい喧嘩で別れた訳ではないのですぐに二人とも未練を感じるようになりました。効果的な進展がないまま更に半年が過ぎましたが、そんな時に会社の忘年会が開催されることになったのです。
忘年会ではアルコールが入り、二人とも違和感なく急接近したのでその後二人だけで違うお店に飲み直しました。そこで、男性Aが未練に関して話し、女性Bも同じ気持ちだったので晴れて復縁することになりました。
お互いが向き合っている状況であれば、たった1回の話し合いでも復縁に至ることがあるという一例です。アルコールの力もありますが、チャンスを逃し続けると距離が遠くなる可能性があるので、イベントを活用して一気に近づくという意識が大切です。

社内恋愛まとめ

社内恋愛で別れてしまった直後は、もう社内恋愛など絶対にしないと肝に命じる場合もあるかもしれません。ただ、時間の経過と共に復縁の文字が頭に浮かぶようであれば、その気持ちに嘘をつく必要はありません。
社内恋愛はやや特殊な恋愛ではありますが、基本的に不倫でない限り誰とどのように恋愛しても責められる筋合いはないのです。一番好きになった方と一緒になれるのであれば、それが双方にとって最高の恋愛であることを忘れてはいけません。
事実、社内恋愛で結婚に至るカップルは多いのです。合コンや有料の婚活サイトで結婚に至るカップルも当然多いですが、社内恋愛も一つの恋愛の手段でしかありません。稀に、社内恋愛を禁じている会社もあるのでその場合は注意しなければいけませんが、そうでなければ周囲の目に気を付けながら愛を育めば問題ありません。極論を言えば、あえて周囲に社内恋愛を話してしまうのもある意味楽になります。仕事中に話し込んでしまう、ラブラブな空気を出して周囲を気まずくさせるなどの行為は嫌われるので避けたいです。楽しく、そして納得のいく恋愛ができればより人生も充実します。



どうする社内恋愛!一つの可能性?それともタブー!?