復帰できるかな……?の不安を解消!育休制度が厚い企業5選

育休から無事に復帰できるのか……お仕事探しの段階から不安に思う方も多いはず。

そこで今回は育休制度に力を入れている企業をピックアップ!

1.【ディー・エヌ・エー】毎月支給が嬉しい!育休復職サポート手当

ディー・エヌ・エーには社員の育児に関する制度がいくつかありますが、中でも「育休復職サポート手当」は産休・育休から復帰した社員が対象の嬉しい内容。

産前・産後休暇を取得した女性社員、または連続して2ヶ月以上の育児休業を取得した男性社員に対し、子どもが満1歳6ヶ月になるまでの間、毎月2万円を支給するというもの。

子どもがまだ小さいうちは労力もお金も両方かかります……。補助としてトータル36万円支給されるなんてありがたいですよね!

参考:http://dena.com/jp/recruit/welfare.html

2.【メルカリ】育休中の不安を解消!産休・育休支援の拡充

メルカリは産休・育休支援の拡充を行っており、産休・育休期間中の給与を100%保障するそう!期間の詳細は女性が産前10週+産後約6ヶ月間、男性が産後8週間。育休中は無給、のイメージを覆してくれる嬉しい制度ですね。

他にも妊活の支援など、高額な費用がかかる治療も会社が一部負担。会社ぐるみで社員のライフを応援する形を取っています!

参考:https://www.mercari.com/jp/jobs/

3.【ワークスアプリケーションズ】これが女性社員の生の声!ワークスミルククラブ

ワークスアプリケーションズのワークスミルククラブとは、社内で活躍中の女性社員が集まり意見を出し合って、制度として確立させたもの。休業中も社内の情報にアクセスできる制度、職場復帰時のボーナス制度などが特徴的!

実際に仕事と出産・育児を両立させていきたいと考える女性社員の生の声を、このようにしっかりと反映させてくれる職場が理想ですね。

参考:http://career.worksap.co.jp/index.php/202/work-style

4.【セプテーニグループ】効率的に仕事ができる!ベビーシッター補助制度

セプテーニグループにはベビーシッター補助制度があり、会社が契約するシッターサービスを利用した場合は費用の一部を会社が負担してくれます。シッターを利用することで会社をお休みする必要がなくなるため効率的ですね!

また月1回、女性の働き方について考える定例会議があるそう。出産・育児というライフイベントがある女性社員を対象にキャリア開発プログラムも実施するなど、女性のワークライフバランス向上にとても意欲的な企業です。

参考:http://www.septeni-holdings.co.jp/recruitment/environment/diversity/

5.【サイボウズ】会社に行く必要なし!ウルトラワーク

サイボウズのウルトラワークは、時間や場所の制約をなくした働き方ができる制度。自分が集中しやすい図書館やカフェでの作業もOK。育児の都合にも合わせて、会社まで行かずにお仕事ができるんです。こちらはなんと男女ともに最大6年取得可能!

サイボウズは社長自ら積極的に育休を取得するなど、仕事と育児を両立した働き方を支援している企業です。

参考:https://cybozu.co.jp/company/job/recruitment/company/welfare.html

 

いかがでしたか? 育休制度に力を入れている企業はどんどん増えつつあります。

仕事も育児も両立させ、パワフルなワーキングマザーを目指していきましょう!