30代女性資格なしでも転職はできる?注意点とポイントを解説!




30代女性で資格がないけど、転職が成功するのか不安の方も多いのではないでしょうか?

結論からお話をすると、資格がなくても30代女性の転職はできます。

ただし、20代の頃と比べて即戦力となる知識や経験、実績が求められることが多く、簡単には転職ができない可能性があることも忘れないでください。

本記事では、30女性の転職が成功するポイントや企業の本音、行きやすい業界や職種などをお話していきます。

転職したいけど迷っている方は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

30代女性の転職成功のポイント

心掛けておきたいポイントは、自分目線にならず企業目線で転職を考えることが、転職成功の近道ということです。

30代女性の転職成功のポイントを順番にお話していきます。

企業が求めている人物像はどんな人?

冒頭でもお話しましたが、転職成功のポイントは実務経験のある・なしが重要視されます。

まずはあなた自身にこれまでの経験を紙やパソコンでまとめて、どのような強みがあるのかを視覚化しておくと、志望動機や自己PRを作成する際にも役立つはずです。

その上で企業が求める人物像、募集要項や求めるスキルに書かれている内容に自分が当てはまるのかを考えてみましょう。

募集要項や求めるスキルに書かれている内容に対して「できる」だけでは不十分で、なぜ企業は募集しているのか?なぜスキルを求めているのか?といったところまで自分なりで良いので考えてみると良いでしょう。

求人票には募集の背景が書かれていることが多いため、募集背景から読み解くのもおすすめです。

たとえば新規事業に伴う増員募集であれば、どじのような人物像を企業は欲しがるでしょうか?

1つのことをコツコツとこなすタイプより、立ち上げ時期のイレギュラー事案やトラブルを処理してきた経験などがある方が、募集背景に近い人物像かもしれません。

欠員による補充であれば全体を取りまとめてきた経験よりも、募集ポジションに対してある程度の知識と経験が求められることが考えられます。

このように企業が求めている人物像を把握し、自分だったらどのように企業に貢献ができるかを考えるのも、転職成功へのポイントの1つです。

あなただけの強みの見つけ方

30代女性の中には、資格もないし他の人と差別化できるような強みもないと、転職に対して後ろ向きになってしまう方も少なくありません。

でも本当にそうでしょうか?考え方や見方を変えたら、あなたにしかない強みを見つけられるかもしれません。

これまでの経験を紙やパソコンにまとめて可視化をしておくことをおすすめしました。その理由は、あなたの経験を文字にして客観的に見てみると、強みが見つかりやすくなるからです。

例えば一般事務の仕事を経験してきた方なら、以下のようなスキルが身に付いているはずです。

  • オフィスソフトのスキル
  • 時間内に仕事を終わらせるスケジューリング
  • 社内外の人と円滑に仕事を進めるコミュニケーション能力
  • 営業に役立つ資料作成能力

これだけでもアピールになるかも知れませんが、30代であればもう少し具体的にスキルの説明を入れても良いかもしれません。

オフィスソフトのスキル

Word:差し込み印刷、チラシ等の作成

Excel:VLOOKUP、IF関数、ピボットテーブル

PowerPoint:営業用資料作成

 

時間内に仕事を終わらせるスケジューリング

月の残業時間10時間以内、社内スケジュールのタスク化

 

社内外の人と円滑に仕事を進めるコミュニケーション能力

社内の複数の声を合意形成して、伝票処理にかかる時間を月間20時間削減

 

営業に役立つ資料作成能力

Excelでデータを見やすくグラフ化し、パワーポイントに反映させることができる

 

上記のように言い方を変えてみたり、その仕事の先まで書いたりすると強みが分かりやすくなります。

 

重視されるのは資格よりも実務経験

30代女性の転職では資格よりも実務経験を重要視されます。そのため、全くの未経験職種を希望している方は、少しでも企業に貢献ができるようにパソコンや資格の勉強をしているなど、アピールできるポイントを事前に準備しましょう。

企業は人を雇い入れる以上、何らかの形で成果や結果を求められます。精神論や根性論ではなく、具体的にどのような形で貢献できるかを言語化しておくことが大切です。

資格なしの30代女性が成功しやすい転職先は?

それでは、資格なしの30代女性が転職を成功しやすい職種や業界はどんなところでしょうか?

営業

営業職はコミュニケーション能力に自信がある人におすすめの職種です。

BtoB営業であれば企業が主な取引先になるため、平日日中のみの業務時間になることも多く、実はライフワークバランスに優れている一面もあります。

数字を出さなくてはいけない、というプレッシャーを感じる場面もあるかも知れませんが、逆に言えば数字を出してさえしまえば自由な時間も多く取れるのが営業職です。

介護・福祉

日本の少子高齢化問題は今後も改善される気配はなく、介護・福祉業界の仕事は資格なしでも受け入れられやすい仕事です。

初任者研修が必須になっている施設も多いため、初任者研修の資格を持っていると転職先候補が広がりやすくなります。

初任者研修の受講費を負担してくれる企業もあるので、介護・福祉の仕事を検討される際は注意して見てみると良いかも知れません。

販売、接客

販売、接客の仕事は資格なし・未経験の受け入れを多くしている職種の1つです。

深夜営業をしている店舗を除いて、遅くとも20時頃までには仕事を終えられる企業も多いため、狙える人は積極的に狙っていきたい仕事です。

集団調理

学校給食や社員食堂などは、調理師資格不要・調理経験無しでもできる仕事です。

学校や企業など土日祝休みの職場が多いのと、ランチタイムメインの業務時間(~15:00頃まで)のため、ライフワークバランスが整いやすい点もおすすめです。

集団調理ではパスタを茹でるポジション、ご飯を盛り付けるポジションなど、ポジションを固定されることが多いため、料理を普段あまりしない方でも十分対応ができます。

パート・派遣は要注意

パート、派遣ならすぐに仕事が見つかるという方も多いかも知れませんが、パート・派遣で仕事をするときに注意をしておきたいことがあります。

それはパート・派遣も転職回数に数えられるという点です。

企業によっては、転職回数2回までなど転職回数の制限をしている場合があります。

転職回数が増えれば、それだけ不利になる場合あることに注意をしてください。

まとめ

30代女性の転職を成功させる注意点とポイントを解説してきました。

本記事をまとめると、企業が求める人物像を把握して、具体的に自分自身を活かせるポイントを可視化しておく、経験を受け入れられやすい職種や業界を検討する、ということになります。

30代の良いところはたくさんあるため、言い回し方やアピールポイントの魅せ方などを工夫していければ、転職成功の可能性がグッと高まります。

ぜひ本記事を参考にして、転職活動を成功させてくださいね!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。