アナタは大丈夫?周りから痛いと思われがちなアラサー女子の行動って…?




人生を楽しむ真只中のアラサー世代のみなさん!楽しむことは大切ですが、その姿周囲から“痛い”と思われているかも…?大人の女性として、常識とそれらしい振る舞いを求められる機会も増えますよね☆そこで、きちんとした振る舞いが出来ないと、“あの人なんか痛いかも…”と思われてしまいがち…。例えどんなに見た目に気を使っていても、引かれてしまったなんてことも。ここでは、“痛いと思われてしまうアラサー女子”にありがちな行動をまとめました!あなたの周りにもこんな女性はいませんか?もしくはあなた自身、こんなことをしてしまっていませんか?ぜひ、一緒に振り返ってみましょう☆

1、年相応の身だしなみを!

周囲の人にこの人痛い…”と思われてしまう原因の上位にくるのが、やりすぎた「若作り」!若い感性や流行を取り入れることは素敵なことですよね☆いつまでも若々しくいられる秘訣でもあり、オシャレをするのは楽しくもあります♪ですが、ここでやりすぎてしまうと、素敵なオシャレな人から、痛い人になりかねません。あまりにも年齢や場にそぐわない、若すぎるファッションやメイク、露出度の高すぎる洋服ばかりを着ていたりすると、周囲の人に引かれてしまいます。学生時代であれば「かわいい!」と思われるファッションでも、大人の女性が着ていてウケがいいかというとまた別の話ですよね。大人の女性になるとその場に合った服装というのも求められる機会が増えてきます!一番は自分に似合う服装をするのが、オシャレのだいご味であり楽しさでもありますよね☆なので、学生時代からワードローブを更新していないなぁと言う人は、ぜひ一度クローゼットの中身を確認してみてください☆年相応の、今の自分に合ったアナタらしいオシャレを見つけてみてくださいね!

2、ルーティーンを見直す!

アラサーになると仕事も安定し、お給料も増え何かと自由がききプライベートも楽しみながら充実した毎日を過ごせるようになりますよね☆だからといって、夜遊びにハマっている様子を頻繁にSNSにアップしてしまうと、周りから年甲斐もなく“痛いなぁ…”と思われてしまう可能性があるので要注意!学生時代から遊び続けていて夜遊びがルーティーンになっているという方も、一度自分の生活を見直してみることが大切です☆もちろん全てを控えろという訳ではなく、時には久しぶりに会う友達と飲んでいたら楽しくて、気づいたら終電を逃し朝まで…そんな時もありますよね!たまの息抜きには、思いっきり遊ぶのも大人だからこその選択肢だと思います♪年相応の遊び方と言われると、難しいなと思ってしまいがちですが、大人な女性だからこそ遊ぶだけでなく、自分にプラスになる趣味を見つけてみるのも充実した日々を送るのにオススメです☆

3、考え方が悲観的になっている!

「A大学出身の人は○○だから」「B型は〇〇だから」「〇〇会社の人はよくないよ」そんな決めつけで話しを進めてしまうこともあるかと思いますが、その調子では自分で可能性を狭めてしまいもったいない結果に…。今までの経験から自分で分析をすることは、大切です☆ですが、あまり頑なになって自分の考えを人に押し付けないように気をつけましょう!また、会話している時に何を言っても、「でもさ」とか「だけどね」などと、否定的な意見で返してしまったり、他人に対して批判や悪口、愚痴ばかりの人は、年齢や性別問わず話していて気持ちのいい相手ではありませんよね!なので、相手と話しをするときには、物腰を柔らかく柔軟に対応する大人の女性の余裕を持てると素敵ですよね!

今回は周りから「あの人痛いなぁ」と思われてしまいがちな、アラサー女子の行動について紹介いたしました♪年齢相応の言動ができない女性は、どうしても周囲から「痛い人」と烙印を押されてしまいます。ですが、言動一つで人に与える印象は大きく変わってくるので、私に当てはまるかも!と思った方は、少し意識をして気をつけてみると良いかもしれません☆大人の女性のならではの、余裕と美しさを身につけて充実した日々を過ごしてくださいね!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。