恋も仕事も!働き女子にオススメしたい背筋がピンと伸びる「お仕事映画」3選♪




毎日お仕事続きで疲れ気味なんだかプライベートもパッとしない

「もう全部疲れちゃった!!」なんて日も、たまにはありますよね?

そんな日は、疲れた心を吹き飛ばしてくれる仕事にプライベートに奮闘するヒロインが出ているお仕事映画がオススメです!

「また明日から仕事も恋も頑張ろう!」と背筋がピンと伸びるような映画を紹介します!

仕事に恋に共感度No.1!働き女子の王道映画!プラダを着た悪魔 

(監督:デイビッドフランケル、公開年:2006年)

ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説を映画化。

アンドレア (アン・ハサウェイ)はジャーナリストになるため、NYにやって来る。

オシャレに全く関心のないアンドレアは、無謀にも一流ファッション雑誌、「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントとして働くことに

厳しく横暴なミランダのもとで、恋愛や仕事に悩みながらも、ひたむきに頑張るアンドレアの姿は共感せずにはいられません!

また、劇中では田舎から出てきたオシャレに無関心だったダサダサのアンドレアが、一流ファッション誌で働くことによって磨かれ、洗練されたオシャレで華やかな女性に垢ぬけていく姿も必見です☆

仕事とプライベートに悩む女性必見!マイインターン

(監督:ナンシー・マイヤーズ 公開年:2015)

アパレル通販サイトを経営し成功させたジュールズ(アン・ハサウェイ)は、優しい旦那様と幼稚園に通う娘持つ女性CEO

華やかな世界に生きながらも、家庭も手に入れた彼女はまさに働く女性の理想の女性像

でもそんな理想を手に入れたはずの彼女は、ついつい仕事に熱中しすぎるあまり社員と距離が出来てしまったり、プライベートでは専業主夫の旦那とすれ違い始めていた

仕事もプライベートもどちらも手に入れたジュールズの前に立ちはだかった初めての壁。

そんなときに、シニアインターンとして会社にやってきたのは、ジュールズよりも40歳も年上のベン(ロバート・デニーロ)だった

最初は何かとイライラしていたジュールズだったが、いつしか彼の的確なアドバイスを頼るようになっていた。

ベンのシンプルな生き方に、余裕をなくしたジュールズの心にも少しずつゆとりが生まれ始める。

映画『プラダを着た悪魔』から9年――。超厳しい上司の元で、恋に仕事に奮闘しながらファッション業界でキャリアップしていくヒロインを演じたアン・ハサウェイが、ファッションサイトの社長役として登場する『マイ・インターン』。

本作は決して『プラダを着た悪魔』の続編ではないものの、その後のアンディ(アン・ハサウェイ)として思わず重ねて観てしまう方も多いはず!

仕事も恋も!常に全力で頑張る女性にオススメ!恋とニュースのつくり方

(監督:ロジャーミッシェル 公開年:2010)

プライベートも恋愛もまったく顧みずに、一生懸命仕事であるニュース番組のプロデューサーに取り組んできたベッキー(レイチェル・マクアダムス)は、解雇されてしまい突如として無職に

失業中のベッキーは、ニューヨークで朝のニュース番組のプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組だった。

彼女は番組を建て直すため大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を起用し、やがて同僚のアダム(パトリック・ウィルソン)と恋に落ちる。

恋に仕事に順調なスタートを切ったベッキーを、思わぬ事態が待ち受けていた……

恋も仕事も常に一生懸命に頑張るベッキーの姿は、疲れた心に、夢や希望、元気を与えてくれるポジティブな気持ちになれる映画です☆

働き女子にとって、仕事とプライベートの両立というのは常について回るテーマだと思います!

だからこそ、悩みながらも懸命に頑張るヒロインたちの姿は、疲れた心を癒しスッキリとした気分にさせてくれます☆

また明日から頑張ろうと思える心のサプリのような映画は、どれも必見です♪






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。