面接のラストの逆質問で合格を勝ち取る!必携マニュアル

逆質問

面接のラストと言えば、面接官からの「あなたから質問はありますか?」ですよね。この質問に「ありません」と答えることはNGだというのはもうよく知られたことでしょうが、だからと言ってどう返事をしたらいいのか悩みませんか。

今回は、面接において成功への最後の一歩と言える「逆質問」に対しての対策をご紹介します。

逆質問の意味とは?

逆質問は、面接官からの質問が終わって心の緊張が一瞬溶けた時に来る「最後の関門」。早く面接を終えたくても「ありません」はダメ。面接官は、その最後の時間であなたの意欲や志望度、自分たちとの相性などを見極めています。つまり、しっかり答えられれば面接通過の可能性をぐんと高めることができる反面、失敗すると、せっかくここまで上手に答えられていたとしてもひっくりかえってしまうこともあります。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。