社会人カップル必見!男と女で違う理想的な連絡頻度とチェックポイントは

連絡頻度

学生の時には時間があり、1日中彼と遊んだり連絡をとったりして繋がっていたけれど、社会人になってから出来た彼氏とはあまり連絡ができない人は、実は意外に多いのではないでしょうか。
もちろん、連絡頻度が多いのを好まない男性も少数になったとはいえ変わらずに存在します。しかし、その「面倒と感じる」ポイントをうまく工夫して変えていけば、毎日の連絡も楽しくやり取りが出来るようになるかもしれません!

男だって連絡は取りたい!でもなかなか積極的には……

大抵の場合、男性の方が残業や仕事上の付き合い等で連絡が取りにくいことも多いのです。女性からしたら「仕事終わった!」という解放感や、「今彼氏は何をしているかな?」というラフな気持ちで連絡した時、彼はまだまだ仕事モード…ということも十分にあり得ます。
そのことをすっかり忘れて、何の配慮もない連絡を続けてしまうと、男性の苛立ちを増長させてしまい、結果的には無視されることに…。知らず知らずのうちに、男性が嫌がる連絡頻度でLineをしていないか気を付けないといけません。

返信が無いといって何度も連絡するのはNG

彼女から連絡が来た時、仕事中だったり公共機関を利用中だったり、友人と食事をしている場合だってありますよね。1回目のメールを送ってからも、返信が無い場合は「後でするからほっといて欲しい」という意見が多いようです。1度メールを送ったのに、「まだ仕事終わらないの?」「終わったら連絡して」「何しているの?」「無視しないでよ」「メール見ている?」「何で既読無視するの?」等の催促や、責めるコメントは控えましょう。

電話での長話は疲れるので短く切り上げよう

家に帰って連絡したら、すぐに着信が。何かと思って出てみたらたわいもない話だったり、今日の愚痴だったり。イライラする男性は多いようです。男性は、意味のない長話を「無駄」と判断します。もちろん、忙しく会えない中での電話の時間は大切にしたいという気持ちは汲んでくれるとは思いますが、あまりにもの長電話や、一方的なマシンガントークはNGです。電話をするなら、適度な長さと、お互いの話を聞きあう会話に気を付けましょう。

メールを受ける側になっても、社会人として気遣いを大事に!

遅くなっても翌日でも構わないので返信はすること!

虫はやっぱり相手にとってはつらいものです。あなたから連絡がほしくて、ラインをしてきていることが多いので、連絡頻度が下がってしまってもとにかく「返事」はするように心がけましょう。

返信出来ない時は、状況を簡単に説明すること

「今残業中で返事できないから、あとで」「今日は飲みで遅くなる」等、一言入れれば「まだかな?」と待っている人に思わせずに済みます。そうすることで、相手にもイライラを与えませんので、翌日連絡したときに「昨日は大変だったね」など、会話にもつながってきます。

まとめ

「おはよう!今日も頑張ろうね」「今仕事終わったよー」等、簡単な会話でも良いのです。連絡には簡単なたわいもない話を入れて、毎日定期的に連絡を取りましょう。そして実際会ったり電話をしたりした時に、実のある話しで色々としっかり話せば良いのです。お互いのライフスタイルに気を使いつつ、連絡ツールを上手く利用すれば社会人カップルでも毎日仲良く連絡することが可能ですよ!



連絡頻度