看護師から起業して見つけたやりがい。「自分がやりたいこと、楽しいことを大切にしてほしい」【婚活プロデューサー・パートナーシップアドバイザー こめだゆきさん】




婚活や恋愛を通して、人生をどう生きていくか

恋愛・婚活アドバイザーというお仕事をしています。

主に婚活をされている方、また恋愛がうまくいかない方に向けて講座を開催し、自分の本音で生きるということや、婚活や恋愛を通して人生をどう生きていくか、というところをアドバイスさせてもらっています。講座は少人数制なのですごく濃厚で、80%以上の方に彼ができたり結婚が決まったりしたという実績があります。これまでに3000人以上の方をサポートしてきました。

また、結婚している方やパートナーがいる方に向けて、好きなことを仕事にする起業のサポートなどをしたり、オンラインサロンを運営して、パートナーシップや結婚生活がよりうまくいくような働きかけもしています。

親の猛反対で英語を諦め、看護師に

岐阜市出身で、兄、姉、私の3人兄妹でした。毒親と言いますか、両親の仲がとても悪く、偏った考えの下で育ちました。話を聞いてもらえなかったり、頭ごなしに否定されたりしたので、家の居心地がとても悪かったですね。小さい頃は素直になれず、人とうまく仲良くできず、人間関係で悩みました。

高校に入ってからも、自分に自信がないので人と関わるのが不得意で、廊下の真ん中を歩けず、いつもクラスの端で仲がいい子1人、2人と一緒にいるタイプでした。

英語が大好きだったので、客室乗務員か英語の先生になりたいとずっと思っていましたが、親に猛反対をされました。不安定要素がある仕事よりも資格を取って手に職をつけることを強く勧められ、看護師を目指すよう言われたんです。

親の言う通りに看護学校に入りましたが、私は同じ環境に長くいることが苦手だったので、40名もの生徒と一緒に3年間過ごすことが苦しかったです。他の学生は純粋に看護師になりたい!という感じでしたが、私は親から言われて入ったので、「合わないな」といつも感じていました。勉強もかなり大変で、ついていくことに必死でした。

高みを目指して転職するも、10ヶ月で退職 彼とも別れ、人生どん底だった時

看護学校を卒業した後は愛知県内の病院で看護師として働き始めましたが、人間関係がとても大変でした。先輩が絶対ですごく厳しかったので毎日怒られ、私自身も強がったり素直になれずで関係をこじらせていました。

夫とは、その頃に友人の紹介で知り合いました。出会ったことがないタイプで、第一印象は「合わないな」と感じましたが、遠距離恋愛の彼と連絡が取れなくなって寂しい思いをしてたこともあり、熱い思いを告白された時に「一度付き合ってみようかな」とお付き合いを始めました。

最初はうまくいっていましたが、育った環境のせいか寂しさや孤独感が強く、人に依存する傾向があり、彼にも依存して関係をこじらせがちでした。

当時働いていたのは骨折で手術が必要な方が来られるような二次救急の整形外科でしが、何か生ぬるさを感じていたので「もっと上を目指せばやりがいを感じられるようになるかも」と思い、緊急性が高く重篤な方を受け入れる三次救急の病院に転職しました。経験を積んで救急看護師になれたらいいなと思ったんです。

希望通りの転職でしたが、転職してくるエキスパートな方たちが多く、当時看護師として5年目の私は新人扱いされました。プライドも傷き、悔しい思いをしました。忙しい職場だったこともあり人間関係もさらにひどく、土地柄なのか口調も強くて優しい言葉は聞かれなかったですね。

看護師を極めれば、ずっと抱いていた違和感がなくなると思って転職した三次救急でしたが、逆にもっと違和感が強くなり、十ヶ月で退職しました。心が壊れかけ、彼と一度別れたこともあり、人生どん底、と感じました。

フィジー留学、復職、結婚 そしてお教室を開業

退職後は、フィジーに留学して語学学校に通いながら大好きなダイビングをしていました。でも、自分の心はどこの国でも変わらないんですね。自分は何をしているんだろうと焦る気持ちもあり、3ヶ月で帰国しました。

帰国後は、体や心を病んでいる人を対象にしている職場だから良くないのかもしれないと思い、健康な方を対象とするレーシックのクリニックに勤めました。ここは自由診療なのでお給料も良く、自由な雰囲気で人間関係も良く、楽しかったです。

1年半勤めた後、社内の体制の変化に伴い、同じグループ内の美容皮膚科に異動になりました。ツンツンしている方が多く、仕事を押し付け合ったり陰口を叩いたり、互いの評価を気にしたりと、ギスギスしている職場でした。復縁した彼と結婚した時だったので、1年ぐらいは正社員として、結婚後はパートに切り替えて働きました。

その頃ブログを始めると、起業をされている方が結構いることを知りました。そこで、趣味でやっていたポーセラーツのお教室を自宅で始めてみることにしました。自分で開業するのは大変でしたが、看護師という仕事を辞めて自分で仕事を始められると思ったらすごくワクワクしましたし、楽しかったです。嫌な人が一人もいない環境も幸せでした。

最初は副業で始めましたが、軌道に乗ってきた頃に妊娠が判ったので看護師の仕事を休職し、そこからはお教室をメインにしていきました。

ポーセラーツ講師から、恋愛・婚活アドバイザーへ 方向転換で見つけた大きなやりがい

1年ほどお教室を続けたころ、もっとビジネスを学びたいと思ってビジネス講座に通ったところ、「ポーセラーツではなく、恋愛のことを仕事にしたら?」というアドバイスをいただきました。

というのも、私は両親の中が悪かったことで結婚に対して悪いイメージを抱いていましたが、結婚したらすごく楽しくて幸せだったので、結婚生活ってこんなにハッピーなんだ!ということをブログでつづっていたのです。それが結構人気だったので、方向転換することになりました。

今、たくさんの方と関わっていますが、全員が必ず大きく変化していきます。恋愛や婚活にとどまらず、人生が大きく変わっていく方ばかりです。私のように生きづらさがあったり家庭環境が悪かったりしてずっと1人でこじらせて生きてきた方が、胸を張って堂々と生きられるようになったり、素敵な彼を見つけて幸せなパートナーシップを育めていく姿を見ていると、やっていて良かったなと心から思います。

企業や組織に所属していると怠けていても給与も交通費も手当もいただけますが、起業すると自分で計画してやらなければいけません。でも、嫌なことはしなくていいし、嫌な人と関わらなくてもいいので、私は自分で仕事をする方が好きですね。

もちろん、自分がやりたいことと求められていることが一致せず集客がうまくいかなかったり、先の不安が強くなると気持ちが落ちてしまうことがあって、そのアップダウンに自分で疲れてしまうこともあります。そんな時は身近な人、普段サポートしてくれている方たちに話して支えてもらっています。

これからももっとこの仕事を広げ、私がサポートした女性がどんどん自立して強くなり、幸せな結婚して、2人で子育を楽しむことで、幸せな子どもたちが増えるといいなと思っています。毒親育ちの方は、結婚生活がうまくいかず、自分もまた毒親になっていくというスパイラルに陥りがちですから、断ち切らせてあげたいです。

頭の中だけで考えず、積極的に行動を

私は自分のやりたいことではなく親の意思で看護師になったり、給料や福利厚生といった条件で転職したりした経験があるので、自分が本当にやりたいこと、自分が楽しいと思える仕事を探すことがとても大事だなと思っています。

今、お仕事を探しているという方には、そのお仕事が楽しい、お仕事をしていて幸せ、と感じることなのかどうかを大切な基準にしていただけたらいいなと思います。
そのためにも、頭の中で考えるだけではなく、いろいろなところに見学に行ったり、話を聞きに行ったり、体験会に参加するといいですね。私のように、転職してまたすぐに転職するのもいいと思います。ここで絶対に永久就職すると思わず、一度きりの人生なので、全ての経験を学びに捉えていろんな世界を知ってほしいと思います。

 

【プロフィール】

こめだゆき

恋愛・婚活アドバイザー

結婚後、看護師として働きながら、自宅にてポーセラーツ教室を主宰。自分自身の結婚体験をブログで発信中に、読者から反響を呼び恋愛カウンセラーとして活動を開始。これまでに3,000名以上の女性をサポート。現在は恋愛・婚活アドバイザーとして名古屋を中心に全国で講座を開講している。
趣味はお料理やお菓子作り。

オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/yunko113/

インスタグラム
https://www.instagram.com/komeda.yuki/






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。