ライブ配信サービス1位のモデルが語る 本当に楽しい仕事にめぐり合える方法【モデル/笠原愛理さん】

笠原愛理




無料ライブ配信サービスのLive.me(ライブミー)で1万3000人のファンを集め、ランキング1位を獲得し、レースクイーンの経験もあるモデルの笠原愛理さんに、キャリア観や将来の夢などについて伺いました。

フィットネススタジオに就職 土日はレースクイーンに

美容の専門学校を卒業後、六本木のフィットネススタジオに就職しました。仕事は受付業務や講師の先生のスケジュール管理。楽しかったのはレースクイーンの活動でしたね。会社がSUPER GTのチームのスポンサーだったのですが、レースクイーンに欠員があり、たまたま私が選ばれました。

平日は普通に仕事をして、レースがある土日だけ、レースクイーンとして働きました。フランスなど海外にも行くことができたので、充実した毎日でしたね。

ただ、終電まで働く毎日が続いたことや、お客様からのクレーム対応は自分には向いていないな、とも感じていて、「仕事は好きだけどこの会社でなくてもいいかな」とも思っていました。年間のレースが終わったタイミングで、思い切って会社を辞めることにしました。

もっと自分の時間を 自由に働ける環境を目指して


笠原愛理

その後、2年間ほど、知り合いの紹介で入社した会社で、飲食店のメニューのデザインやWEBサイトで使用するバナー作成などをしてきました。デザイン作成ソフトの「フォトショップ」の使い方を学んだり、何でもやらせてもらえる環境だったので、仕事は充実していたのですが、もっと自分の趣味に時間を使いたいなと思い、会社を退職しました。

今は、無料ライブ配信サービスのLive.me(ライブミー)を中心に活動しています。月に決められた時間だけ配信すればいいという形式で、基本的にいつでもどこでも配信ができるので、自分の時間を持つことが可能になりました。

過去には、ランキングで1位を獲得し、現在は1万3000人のファンも集めることができました。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。