マーケティング職に就きたい人必見!必須2大スキルとは

マーケティング職

「マーケティング」という職種、実は今、就活生や転職希望者にとって大変人気の高い職種の一つとして挙げられています。ですが、「マーケティング職」がどのような仕事か聞かれて、答えられる人は実は少ないのではないでしょうか。マーケティング職で活躍するために必要な2大スキルを見ていきましょう!

マーケティング職はどんな仕事?

まず、マーケティングの仕事と言えば、なんといっても「調査・分析」でしょう。具体的に言うと、新たな「商品・サービス」を売り出すにあたって、どのくらいの値段設定で、どのくらいの時期に、どういった業者を使って、どのようにコマーシャルして売るか、総合的に考える仕事なのです。もちろん新商品に限らず、既存の商品やサービスを「さらに良くするには?」「もっと人に知ってもらうには?」と考えることも仕事の一つ。
これは、販売職だけのものではありません。WEBサイトを運営している企業も、同じように「どうやってサービスを世に知らしめるか?」を考えますよね。それもマーケティングの仕事なのです。
ちなみに、「企画」と「マーケティング」は似て非なるもの。「企画」はサービス・商品を「生み出す」仕事を指し、「マーケティング」は、サービスや商品を「世に広める」仕事です。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。