つらく大変な仕事、クレーム処理をこなすたった2つのやり方

クレーム処理




相手の話は遮らないで最後まで聞く

謝罪をした後は、相手の話をひたすらに聞くということが大切。イライラしているときは、感情的になっています。ひどいことも言われるでしょうし、非のないことも言われるでしょう。ですが、最初はとにかく、聞くことに徹してください。

 

この時も黙って面倒そうに聞くのではなく、適宜相槌を打ったり、共感を示したりします。相手の話を聞いているときは、相槌以外に「こちらの意見」は言わないようにしましょう。「でも」「ですが」「それはそうですが」など、否定的な見解を述べるのもやらないように。確実に相手を逆上させてしまいます。

 

自分たちは謝罪するつもりがある、ということが相手に伝われば、相手もこちら側の言い分を聞く気になってきます。思いのたけをすべて話させてしまえば、怒ることは疲れるので、意外と怒りもすんなり収まっていくものです。気持ちが和らげば、あとは話し合いに移ることができます。

そうすれば、打開策や、解決策を模索することも可能になるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか? もしあまりにも埒が明かない時は、上司を呼んで対応してもらうのがベストです。モンスタークレーマーには毅然とした態度で臨むことも大切になってきます。

クレーム対応はつらい仕事ではありますが、その分できるようになればあなたの社内での評価も上がるはず。勇気を出して対応してみてくださいね。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。