「読まれる文章」を書こう!書き方には意外なポイントがあった

読まれる文章




ポイント別「読まれる文章」の基本的な書き方

ポイントその1 ターゲット設定をしてタイトルを付けよう

読まれる文章を書く上で最も重要なのは、実はターゲット設定です。

今書いているこの文章は、「どこの」「だれに」読んで貰いたくて書いているのか分からないままでいると、全く的外れな文章になってしまう可能性もあります。

極端な例ですが、5歳の子供向けのお知らせ文を書くとします。その時、その子供の「年齢」を無視して書くと、たとえどんなに素晴らしい文だとしても、相手に意味が伝わらなかったり、果ては漢字が読めないことだって考えられます。

 

また、タイトルが適当だと、せっかくいい文章を書いても読んで貰えません。キャッチ―なタイトルや、文章に即したタイトルを付けるようにしましょう。

その時書いている文は、誰に、どうして、どんなふうに伝えたいのかを明確にしておかないと、読まれる文章にはなりません。

 

ポイントその2 求められている文章構成を知ろう

ターゲット設定が終わったら、文章の構成を考えましょう。

最初から結論を持ってきた方がいい文章なのか、それとも読み進めてもらうために最後に盛ってきた方がいい文章なのかはターゲットやシーンによってさまざま。例えばビジネスシーンでは、結果から短く端的に伝えなくてはならないため、先に結論を書き、その後そこに至った理由を書くようにします。

 

文章が支離滅裂だと「結局どうしてこの結論に至ったのか?」と不明瞭な感じを与えますから、しっかり起承転結を考えて書くようにしましょう。

難しく思えますが、ポイントさえ押さえれば意外に簡単。「起」では問題提起やテーマについての知識を述べ、読者との共感を作ります。「承」ではそのテーマについてさらに深めていき、読者が「知りたい」と思う事実を挙げます。「転」では反証を作ったり、別の視点から見たテーマについて述べて確実性を高め、「結」でまとめます。

ただ、起承転結が常に使えるわけではないことにも注意が必要。プレゼン資料などではテーマにまつわる項目をいくつか作り、それに対して各個書いていくという方法もあります。

その場その場で、求められている文章に即した構成にするようにしましょう。

 

シンプルな文章が「読まれる文章」に

いくら言葉を飾り立てても、「伝えたいこと」が正確に伝わらなければ意味がありません。常に読んでくれるターゲットのことを考え、読者の受け取り方を意識しましょう。その訓練を積めば、必ずあなたの文章も「読まれる文章」になっていくはず。いい文章にたくさん触れ、お手本にしてもいいかもしれません!

あなたの財産になる「読まれる文章」の技術、ぜひ身に付けてくださいね!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。