「読まれる文章」を書こう!書き方には意外なポイントがあった

読まれる文章

世の中には、本当にたくさんの「文章」があふれています。

書籍、新聞、チラシなどの紙媒体にとどまらず、SNS、ブログ、情報サイトなど、ネットの海にも文章があります。

「そんなに文章を書く機会がないから大丈夫」「書くって言っても英語じゃないし、大したことないでしょう」と思っているあなたも、必ず「文章を書く」機会が巡ってくるはずです。そんなとき、せっかく書いた文章を読み飛ばされないために、「人に読まれる文章の書き方」について見ていこうと思います。

 

文を書けることは、「文章を書ける」ではない

日本人であれば、小学生でも文を書くことが出来ます。とある分野において何の知識もない人間だとしても、単語を連ねるだけで、それらしい感じに文を書くこともできるでしょう。

ですから、文章を書くというのは一見、簡単なことのように思えます。ですが、上記のような例は、「文章を書ける」ということではないのです。

 

文を読んだ人が、そこから何か学んだり、興味を持ったり。読んだ人に意味を持たせることが出来るものを初めて「文章」と呼びます。さらにそこから、「読まれる文章」を書くとなると、また一つハードルが上がると言えるでしょう。「読まれる文章」を書くことは遠い世界の小説や漫画だけの話ではなく、身近なところで言えば、会社のプレゼン資料や紹介文などを書く際にも当てはまります。

未経験の仕事に挑戦したい20代女性の方は「おしごとスタイリスト」へ

おしごとスタイリスト

おしごとスタイリストとは、1都3県に住む20代女性の方に特化した転職エージェントです。

これまでに多数の実績を残してきたキャリアアドバイザーが、あなたにとって最も良いキャリアを一緒に選択し、もし転職するとなった場合は選考対策まで行います。

「今の仕事を続けたままでいいのか悩んでいる」

「本当は別の仕事をやってみたいけど今から転職できるのか不安」

「キャリアについて漠然と悩んでいる」

このような方はぜひ一度、お気軽にご相談下さい。

おしごとスタイリストを詳しく見る

LINEに友達登録する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。