仲間との協力で仕事を効率化!チームワークを高めるたった2つの方法

チームワーク

チームワークを高めるにはどうすればいい?

何事も留め置かず、全員に共有しよう

仕事や職場におけるチームワークを高めるには、まず、共有することから始まります。
これは実際に私が経験したことですが、とある会社に勤めていた時、4人の営業チームに所属していました。営業チームの目標は同じなのに、個々が仕事を進めすぎていて、一人がいないとき、放置されている仕事に気付きませんでした。何でやれていないのか、何がやれていないのかが全く分からず、結果非常にバタついてしまうことに……。チームワークの欠如が招いた大きなミスとして上に報告されました。
このようなことを防ぐには、進捗は勿論、各メンバーの仕事の結果など、細かく共有することが大切です。個別にチームミーティングの時間を取るなどして習慣化してくると、誰かがいなくても、自然と別の人がフォローできるようになるはずです。

チームで目標を定め、そこへ向かって邁進する

チームワークを会得するには、チームの全員が正しく同じ方向を見ている必要があります。月間目標などは上から定められることもありますが、目標のないチーム(例えば事務の部署など)であっても、チームで何かしらの目標を設定してみましょう。
上が決めた目標は「こなすべき指標」ですが、チームで決めた目標というのは、「達成することでメンバー同士の結束を高める」役割を果たします。
目標は、小さなもので構いません。例えば、毎週何曜日は残業をしないとか、この時間までに仕事を終わらせるとか。最終的な目標が定まっている場合は、そこに至るまでの細かな目標を定めてみましょう。そして、達成したときは、必ず全員で満足感や喜びを分かち合うこと。なにかご褒美などを準備してもいいかもしれません。
「やりきった」「みんなでやった」というプラスの感情は、チームの士気に繋がり、チームワークを強くしてくれます。

まとめ

今回は、仕事におけるチームワークを高める方法2つ紹介してみましたが、いかがでしたか。チームワークが取れていないと、周囲と同じように仕事をしていたとしても、別のチームに比べて仕事にかかる時間が長かったり、仕事本来の質すらも下がっていきます。逆に、チームワークが良くなれば、誰かのミスをカバーするのも苦ではなくなり、仕事に張りが出ると言われています。
効率的で質の高い仕事ができるようになるため、仕事におけるチームワーク力を向上させ、充実した社会人生活を謳歌して下さい!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。