新ジャガの季節しか作れない!茹でたら練るだけで、お餠のように伸びる「どったら餅」が美味しい!【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

どったら餅

作り方

1、新じゃがいもを洗って皮をむいたら、耐熱ボウルに水を大さじ2〜3と一緒に入れ、ふんわりとラップをし、600wの電子レンジで10分加熱する。

2、1を潰しておき、粗熱をとる。

どったら餅

3、2をフードプロセッサーでとろみが出るまで攪拌する。

 

北海道では、めんつゆにつけて食べるのが主流だそう!とろとろ、モッチモチな、どったら餅はもともと、じゃがいもだったとは思えない!極上のマッシュポテトのような舌ざわりです!

 

作り方のコツとしては、工程2の段階の時にしっかり冷ますこと!常温になるくらいまで冷ましましょう。

 

 

このまま食べてももちろん美味しい、どったら餅ですが、アレンジも自在!コロッケにするとクリームコロッケのような味わいを楽しめます。

 

アレンジの中でも私のオススメは、オムレツ!どったら餅を、適量卵二個、塩胡椒と混ぜ合わせて焼くだけで、とろ〜りふわっふわなオムレツができるんです!

 

どったら餅

 

このとろ〜り具合、たまらないですよね・・・お好みでいろいろな、どったら餅の食べ方を楽しんでみてくださいね。

 

 

新ジャガの季節にしかできない、どったら餅。そのモチモチとろ〜りな食感に魅了されること間違いなし!

ぜひお試しくださいね。

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

河瀬璃菜(りな助)

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。