新玉が永遠に食べられる新玉とツナの病みつき昆布和え【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

新玉ねぎ

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。

 

すっかり春らしい気候になり、「新玉ねぎ」が美味しい季節になりました。みずみずしくて水分を豊富に含んだ新玉ねぎは、加熱せず生で食べるとより美味しさを感じます。

 

しかし、玉ねぎサラダばかりを、なかなかたくさん食べることはできないですよね。

 

そこで、今回ご紹介するのは、自宅にあるもので簡単に作ることができるのに、病みつきになってしまうほど美味しい新玉ねぎのレシピです!

早速ご紹介します。

 

新玉とツナの病みつき昆布和え

新玉ねぎ

材料(作りやすい量)

新玉ねぎ

新玉ねぎ・・・・2個

ツナ缶・・・・1缶

塩昆布・・・・10g

めんつゆ(3倍希釈)・・・小さじ1

鰹節・・・・5g

ごま油・・・小さじ2

塩コショウ・・・少々

この記事をシェアする

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。