累計100万食突破! おかずは1つだけの100ロー人気シリーズ「だけ弁当」から第3弾「のり磯辺揚弁当」登場!!




ローソンストア100は、おかずが1つだけの「だけ弁当」シリーズ第3弾として、おかずはちくわの磯辺揚げだけの「のり磯辺揚弁当(税込216円)」を2022年3月9日(水)より発売します。

ローソンストア100では、「お弁当には色とりどりのおかずが入っているべき」という常識を覆し、「好きなものだけを堪能したい」というニーズに応えるお弁当として、あえて1種類におかずを絞った超シンプルなお弁当シリーズ「だけ弁当」を1個200円(税込216円)で販売中。

「こういうので良いんだよ!」「子供の頃の夢が叶った!」など、SNSの反響にも後押しされ、昨年6月に販売した第1弾の「ウインナー弁当」は83万食、第2弾の「ミートボール弁当」は32万食を販売。弁当部門の販売数トップに君臨し、現在も好評販売中です。

 

のり磯辺揚弁当

そして今回第3弾として発売するのは、「のり磯辺揚弁当」。

「ちくわの磯辺揚げ」を選んだ理由は、のり弁に必ず入っている定番おかずなのに主役にはなれず、「これだけをもっと食べたい」という潜在的ニーズがあるはずと考えたからだそう。

ご飯の上は、醤油で味付けしたおかかと海苔をのせた「のり弁」となっており、その上に「ちくわの磯辺揚げ」が3切れ。

主役の磯辺揚げは「ちくわ」自体の美味しさを追求し、石川県の水産練製品メーカーの焼ちくわが選ばれました。「青のり」の量についても検討を重ねられ、磯の香りが楽しめるようなベストバランスに仕上がっています。

ちくわの磯辺揚げは人の手で1本1本、丁寧に衣をつけて揚げられ、「のり弁の海苔が箸で切れずに食べ辛い」というストレスを緩和するために、海苔は大きな1枚をのせるのではなく、小さめのものを2枚のせるなど、1個200円とは思えないほどのこだわりが詰まっています。

そのままでも美味しく食べられますが、別添の「だし醤油」もポイント。さぬきうどんの本場である四国は香川県の鎌田醤油さんが製造する、ぶっかけうどんにも使う醤油で、ちくわの磯辺揚げと最高の相性です。お好みの量をかけて“味変”をして、最後まで美味しく楽しめます。

 

また、「のり磯辺揚弁当」発案者の林さんによると、渾身の磯辺揚げは麺とも相性抜群なので、1本はお好みの冷やし麺と一緒に食べるのがおススメなのだとか。ぜひ試してみてくださいね♪






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。