史上最高傑作の「iPhoneX」その理由とは?




アップルは2017年9月12日に発表した新型スマートフォン「iPhone X(テン)」を2017年11月3日に発売しました☆

10周年記念モデルとして発売されたiPhoneXですが、従来のiPhoneのデザインを刷新し誰も見たことのない挑戦的な外観と、これまでにない機能が盛り込まれていて、iPhone Xに触れた瞬間から、新しいデザイン、美しいディスプレイ、そして操作性、先進の生体認証機能など、10周年にふさわしい仕様になっています!

アップル公式サイトの”未来をその手に…”は、確実に実現されていてこのモデルからさらに進化していくことが期待されます♪

そんなiPhoneXの魅力についてご紹介します!

1,ホームボタンの廃止

iPhoneXで大きく変わったポイントの一つに、ホームボタンの廃止があげられます!

「スッキリしてかっこいい!」「映像の迫力が増してうれしい!」とワクワクする反面、気になるのがいままでホームボタンで行っていた各種操作ですよね。

慣れ親しんだホームボタンの廃止は少し不安でしたが、iPhone Xではホームボタンを廃止した代わりに、数多くの操作が直感的なジェスチャーで可能になったことで、従来どおりに各種画面の呼び出しを行うことができるので片手でスイスイと扱えるようになりました♪

また、ロック解除をする際は、新機能のFace IDによる“顔かざし”でOK☆

より直感的に操作することが出来るようになりました♪

2,ワイヤレス充電はライフスタイルを変える

ガラスの背面を採用したiPhoneは、生前に発表された最後のiPhone 4Sと同じデザイン要素であることから、共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏へのトリビュートとも感じられます☆

ですが、それだけが理由ではなく、ガラスの背面によって、ワイヤレス充電への対応が可能になりました!

アップルの発表によると、充電速度は付属の充電器と同じですが、置くだけで充電することができる手軽さは、体験してみるとすごく快適☆

充電の手順は、iPhoneをwireless charging baseの上に乗せるだけ!

それだけで、カバーを装着したままでも充電することができ、いちいち着脱する手間がないのもうれしいポイントです☆

たとえば大手家具メーカーのIKEAはQi(ワイヤレス充電)をサポートする電気スタンドや充電ステーションをすでに発売しており、テーブルなどにQiのワイヤレス充電を組み込むことができるキットも販売しているのでチェックしてみてくださいね♪

3,初めてのFace ID!!さて肝心のFaceIDの使い勝手は?

iPhoneXになって初めて搭載されたFaceID機能は、普段使用している距離での認証なら、ほぼ確実に瞬時に認証することができます♪

また暗い場所であっても特に問題はなく、夜であっても認証自体に問題はないので安心です☆

ただ、画面との距離が近すぎてしまうと認証できないことが多くなるので、寝ながら操作することもできますが、距離感が変わるせいで認証に失敗すると、顔との距離を調節する必要が出て来るので注意が必要です。

通常の使用の範囲では十分実用に耐えられるので、過度に心配することはありません!

iPhone XのFace ID(顔認証)は見るだけでいいので、パスワード入力はほぼ無縁になりますがマスクをしていると認証されないこともあるので使用する際には、気をつけてくださいね☆

Phone Xが次の10年を見据えて発表したiPhoneXは、透き通るようなガラスボディは美しく、今まで以上の大画面でより迫力のある映像を見ることが可能になり、操作性もホームボタンを廃止したことで、より直感的に操作できるようになりました☆

また、カメラの性能も過去一番の高画質になり、ポートレート撮影がインカメラでも使用できるようになりSNS好きの女子には嬉しい機能が搭載されています♪

この先の10年を見据えられるようなiPhoneX、ぜひ一度手に取ってみてくださいね☆






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。