3日坊主は卒業!手放せなくなる手帳を作るポイント




手帳売り場にはたくさんの魅力的な手帳が並んでいて、「今年こそはちゃんと使おう!」と思って買ったはいいものの、気づけば使わずに放置して一年が過ぎちゃった。。。

使わなかったのは「手帳のせいだ!」と思って、また新しい別の手帳を買ったり、デジタルでスケジュール管理をしてみたり

そんなことを繰り返す働き女子の為に、ここでは三日坊主を卒業して手放せなくなる手帳を作るポイントをご紹介します♡

ぜひ、実践してみてくださいね♪

ルールを決めすぎない!

新しい手帳を買ったから、キレイに使いたい!かわいく使いたい!と思う気持ちが先行しすぎて、手帳を書くルールをたくさん作ってはいませんか?

スケジュール以外のことは、書かない!目標を毎回立てるのがめんどくさいなどなど、

楽しくキレイに書くために決めたルールが、気づいたら手帳を開くのが面倒になる原因になっていたり

手帳初心者さんは、細かいルールを設定せずに、仕事の効率化のために手帳を使いたいから「朝、手帳を開いて仕事のすき間時間を確認することにしよう!」や、

「毎日を丁寧に過ごしたいから、夜に1日を振り返るときに手帳を開こう」など、大まかなルールから始めてみるのがオススメです!

まずは、手帳を開くクセをつけるのが手放せない手帳づくりの1つ目のポイントです☆

テンションの上がる手帳や文房具をそろえる♪

開くことを習慣づけるためには、まず手帳自体を気に入る必要がありますよね?

11ページ書けるものが合う人、月間スケジュールの幅が広くてたくさん書けるものがいい人、ウィークリーページがあるものがいい人、など沢山の手帳がある中から自分の使用する目的に合わせて選ぶのが一般的です!

ですが、使用目的以上に手帳とも相性があるので、ぜひ手に取って質感や、書き心地などを確かめてから自分にしっくりくるお気に入りの一冊を選んでください☆

次にお気に入りの手帳を選んだら、合わせて使いたいペンや、かわいくデコレーションできるマスキングテープやシールなど使うと楽しくなる文房具をそろえるのがオススメです♡

合わせて使うことで、手帳を書きたくなる気持ちや、かわいいページにすることで開きたくなる気持ちが高まります♪

最近ではお気に入りのページをSNSでシェアしている人も多いので、手帳女子の先輩の投稿を参考にマネしてみるのも一つの手です☆

自分なりに書けるようになったら、投稿して友達や手帳女子のユーザーさんとシェアすることで手帳を続ける励みにもなるのでぜひSNSもうまく活用すると手帳へのやる気をアップすることができます☆

好きなことを書く

「手帳に書くことがない!」のが理由で、手帳を使わなくなってしまう方も多いと思います。

ですが、手帳にはスケジュール以外にも、そのとき思いついたアイディアや、イラスト、気になったことをメモしたりなど書く内容に決まりはないのです♪

今日食べたものをメモしたり、日記を書いてみたり自分がその時に書きたいと思ったことを書くということが、大切です!

手帳を買ったときの高揚感って、「楽しい予定をいっぱい書こう♪」ってワクワク感があるからだと思うんですが、日常の中で楽しい予定だけでスケジュールを埋め尽くすのは難しいですよね?

なので、好きなことや興味のあることを日常的に手帳に書き溜めることで、ワクワクする気持ちを保ち続けることができると思います☆

今回は、3日坊主にならない手放せなくなる手帳を作るポイントをご紹介しましたが、一番は開きたくなる楽しい手帳にすることです☆

その方法は、人によって違ってくると思うので手帳を使い慣れてきたら自分に合った使い方を見つけて、最高の相方にしてくださいね☆






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。