レンジで1分。ホットタオルで目の疲れをとろう【指圧師/斎藤充博】

疲れ切ったOL1
疲れ切ったOL1

巣材を運ぶ、穴を掘る、木に登る、走る、遠くを見る、食べ物を隠す……。たしかにリスは毎日たくさんの仕事をしている。実に忙しい。

疲れ切ったOL1

ほら。それなら、がんばらなくちゃいけない時があるってこと、わかるよね?

疲れ切ったOL1

そんなことはない。リスの仕事は、リスのキャパシティを超えることは決してないのだ。

疲れ切ったOL1

リスのキャパシティ。そんなの考えたことなかったけど……。

疲れ切ったOL1

背伸びをしても身長が伸びるのは、ほんの一瞬だけ。わかりきっていることではないか。

疲れ切ったOL1

等身大、ってことね。なんかリスがうらやましくなってきちゃったな。

疲れ切ったOL1

リスに憧れるのも、無理はない。リスという存在は生命の最高峰だからな。しかしながら、人間の雌はリスにはなれない。せいぜいリスをあがめよ。心の中にリスを描くだけでも精神的な充足を得ることはできるだろう。

疲れ切ったOL1

……リスをあがめる……? 何言ってんの……? ハッ。無駄話しすぎた。さっさと仕事やらなくっちゃ! また後でね、リス。

 

こうしてヤマザキの残業はまだまだ続き、リスはそれを見守るのでした。

 

斎藤充博

指圧師として「下北沢ふしぎ指圧」を運営しながら、様々な媒体に記事を執筆中。

twitter:https://twitter.com/3216

イラスト
ude

twitter:https://twitter.com/truklagooon

疲れ切ったOL1