レンジで1分。ホットタオルで目の疲れをとろう【指圧師/斎藤充博】

疲れ切ったOL1

もう何日もヤマザキはずっと残業をしています。

疲れ切ったOL1

フー。なかなか仕事が終わらない……。

疲れ切ったOL1

ヤマザキの残業はまるで常態化しているではないか。本当に仕事の効率を考えながらやっているのか?

疲れ切ったOL

そういうこと言うの、止めてくれないかな。もう目が疲れてきちゃってさ。目の前がかすんできているくらいなんだよね。

疲れ切ったOL1

ほう。野生の状態では、感覚器が衰えた生き物は、捕食される運命にあるぞ。残念なことだが、仕方が無い。

疲れ切ったOL

なんで捕食されなきゃいけないのよ。職場は野生じゃないの。

疲れ切ったOL1

ヤマザキは食べるところがたくさんありそうに見えるが?

疲れ切ったOL

大きなお世話だよ! ねえリス。いつもみたいにセルフケアを教えてくれないかな? 目の疲れがとれるようなやつ、あるんでしょう?

 

疲れ切ったOL 疲れ切ったOL1

すご! すごいよリス! 想像以上に疲れがとれたし、ちょっとピントが合いやすくなったような気もする。

疲れ切ったOL1

目のピント機能を合わせているのは、筋肉の働きだ。少し温めてほぐしてやれば、多少は改善されるだろう。

疲れ切ったOL1

これで、残業に本腰をいれられるぞ……! ありがとうリス!

疲れ切ったOL1

人間の雌よ。このような形で局所的に問題を解決することが、組織にとっていいことは思えない。

疲れ切ったOL1

言いたいことはわかるけれどもさ。しょうがないじゃないの。……そうだ、リスは森にいるときに仕事しなかったの?

 

疲れ切ったOL 疲れ切ったOL1

巣材を運ぶ、穴を掘る、木に登る、走る、遠くを見る、食べ物を隠す……。たしかにリスは毎日たくさんの仕事をしている。実に忙しい。

疲れ切ったOL1

ほら。それなら、がんばらなくちゃいけない時があるってこと、わかるよね?

疲れ切ったOL1

そんなことはない。リスの仕事は、リスのキャパシティを超えることは決してないのだ。

疲れ切ったOL1

リスのキャパシティ。そんなの考えたことなかったけど……。

疲れ切ったOL1

背伸びをしても身長が伸びるのは、ほんの一瞬だけ。わかりきっていることではないか。

疲れ切ったOL1

等身大、ってことね。なんかリスがうらやましくなってきちゃったな。

疲れ切ったOL1

リスに憧れるのも、無理はない。リスという存在は生命の最高峰だからな。しかしながら、人間の雌はリスにはなれない。せいぜいリスをあがめよ。心の中にリスを描くだけでも精神的な充足を得ることはできるだろう。

疲れ切ったOL1

……リスをあがめる……? 何言ってんの……? ハッ。無駄話しすぎた。さっさと仕事やらなくっちゃ! また後でね、リス。

 

こうしてヤマザキの残業はまだまだ続き、リスはそれを見守るのでした。

 

斎藤充博

指圧師として「下北沢ふしぎ指圧」を運営しながら、様々な媒体に記事を執筆中。

twitter:https://twitter.com/3216

イラスト
ude

twitter:https://twitter.com/truklagooon



疲れ切ったOL1