お金?ゆとり?自分に合った仕事スタイル(Style)を見つけよう!




お仕事をしていてイマイチしっくり来ない、、仕事の話をしてもいい会社じゃないなんて友達に言われてしまって誰も理解してくれないなんて事はありませんか?

いくらいい会社でも自分が求めているスタイルに合わないならどうしてもストレスになってしまうもの。では自分のスタイルってなんだろう?探してみませんか☆

1,お金さえよければOK?自分の時間が欲しい?

いきなり究極的な質問ですが、どちらかといえばどっち?と聞かれた時アナタはどちらになりますか?自分の時間でしょ!と思う方も居るかもしれませんが、お金を選ぶ人だってもちろんいます。そういう人に向けた職種は営業職が向いていますし、自分の時間を求めるならば事務職などなど、どちらを選ぶかで職種の方向性が見えてきますよ☆

そしてそもそも今の働き方があっているのか、と言う考え方もありますが、それは今の生活水準がどうかも考えて判断してみて◎

バランスが取れている事はもちろんですが、もしかしたら今の環境もバランスが取れているかも?と思う中で更に今どちらを求めているか、、と言う考え方をするとアナタがどちらよりの人間なのかが見えてきます。

2,仕事のやりがい?それとも自分の技術内で収まる仕事?

お金か時間かの次は仕事の内容もちょっと気にしてみましょう。忙しい時はついついグチグチ言いがちですが、いざ落ち着いて余裕が出来るとむしろ忙しい時が恋しいという方が居るのも事実です。無茶振りされて乗り越えられた時が仕事として一番楽しいと感じる人もいれば、無茶振りがストレス過ぎて退職を決意する人もいますので、自分は追い込まれた方が楽しいと思うタイプなのか、淡々と同じようなことでもしっかりこなせるタイプなのかを理解することも大切です。それを理解することによって、自分に合った職種や会社が漠然とでも浮かんだなら儲けものです☆

その方向に進んでいけばまずはアナタのスタイルに合ったお仕事に巡り会える可能性が高いということなのです◎

3,自分の求めるスタイルと今が違うならどうすればいい?

明確に違う!とわかったのならば思い切って新しい環境に飛び込んでみることも大切ですが、ここで少しでも勿体無いとおもったならば今は辞めておくという選択肢を取ることが大切◎

いろいろグチグチ言ってしまうけれど、なんだかんだで今の環境に納得はしているという事でもあります。

または先立つものが無いので下手に動けないなんて方が居るかもしれませんが、その場合はお仕事しながらでもとりあえず新しい環境を探すことはできます。自分が見つけたスタイルに近い会社をとりあえずみてみるだけでもOK

新しい環境がある、と思えるだけでモヤモヤとした気持ちが晴れる事もありますので、実践とは行かないなんて方も少し調べてみるということをしてみて下さい。

いかがでしたか?自分のスタイルというのはもちろん人それぞれ。

0を1にするのが得意な人がコツコツと保守的なお仕事をするのは一見もったいないように見えますが、自身がコツコツとした仕事が好きなスタイルな方ならそれでもう解決です。

お仕事は会社という環境を変えていけるものでもありますので、周りに言われてというよりかは自分がこれだ!と思える環境に身をおいてお仕事することを心がけてくださいね






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。