年収400万の生活、手取りはいくら?どんな仕事をしたら稼げるの?

年収400万

生活をしていくのにあたって、収入を基準にする方、多いのではないでしょうか。

収入や年収は、生活水準に大きな影響を与える要素ですよね。

そこで今回は、「年収400万円」という収入をテーマに、生活水準や手取り、家賃などについて見ていこうと思います。

年収400万円は、どのくらいの金額?

そもそも、年収400万円は、高いの?安いの?

実は、結論から言うと、年収400万円は、男性サラリーマンの平均的な年収なのです。年収400万円の人の、月々の手取り(給与から税金や年金、保険料などを差し引いた金額)です。

年収400万円の方の場合、毎月の手取りは20万~22万円くらい。勿論、扶養家族などの人数によっても変動するため、手取りには個人差がありますので、確実にこの金額!とは言えませんが、だいたいはこのくらいの月収を推移しているようです。

どんな仕事の人が400万円稼げるの?

この金額を非正規雇用者がはじき出すのは難しいと思いますので、正社員に限られるでしょう。

それも、最近の賃金事情を鑑みると、女性がこの金額を稼ぐには、中堅どころの勤務年数か、初任給ではハードな仕事、大手の仕事の給与帯の職場でないと難しいと思われます。

年収400万円の人の生活って?

まず、支出として大きいのは家賃ですよね。

収入と家賃のバランスを決定する基準の1つとして、「年収の3分の1」くらいまでの家賃がベストという指標があるので、それに基づいて考えると、年収400万円の場合は、「400万円÷3=約133万円」となり、1年間の家賃として約133万円が換算されます。 更に、133万円を12カ月ごとに換算してみると、約11万円が家賃に使える金額という事になります。場所にもよりますが、結構いいところに住めそうですね。

そこから生活費として引かれる金額を仮に6万円として、17万円が支出。22万円が月給だとして、月に5万の猶予が出ます。

単身者であれば、この金額で十分に生活ができます。仮に夫婦だとしても、家賃や光熱費を抑えて、片方がパートなどに出かければ問題なく暮らしていける金額でしょう。

つまり、年収400万円あれば、すこしだけ贅沢な生活を送っていくことが可能だということなのです!

まとめ

いかがでしたでしたか?

年収400万円という収入は、平均的な金額と言われており、さまざまな基準ともなっています。 単身者や、家庭を持っている方も、散財を控えれば余裕のある生活を送れるでしょう。工夫や節約次第では、毎月ある程度の貯金をすることも可能です。

収入と出費についてしっかり把握し、お金の使い道を計画的に考えれば、年収400万円の方は充実した生活が送れることでしょう!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。