新入社員が着てはいけない、ダメ出しされたスーツはこれだ!

新入社員が着てはいけないスーツ

あくまで適度に!体のラインの出るものはやめよう

体のラインがキレイに見えるぴったりとしたスーツはやめましょう。そう言ったスーツはいわゆる水商売の人向けのものも多く、本人に全くその気がなくても、男性社員を誘惑しているのか、それともお客さんを誘っているのかと注意されることも、実際に少なくありません。あまりにもタイトすぎるスカートも控えた方が身のため。ある程度キャリアを重ねてからならまだしも、まだ新入社員のうちは「おしゃれ」よりも「仕事」。おとなしくしておきましょう。

もちろんサイズ感があっていないものをチョイスしてもダメなので、適度なものを選ぶという事が何より大事です。

リクルート感満載?黒スーツに白シャツ

一般的な無地のスーツに、就活時代に合わせていたような白シャツは、営業だった場合お客様に「新人だな」となめられてしまうこともあります。あくまでリクルートスーツはリクルートスーツ。社会人になったらしっかりスーツ店で購入した一般的なスーツを着て出社しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 着る服くらいいいじゃないか!と思う人もいると思います。もちろん、プライベートではそうです。しかし「スーツ」という文化のある会社に就職したときは、初めにしっかりしたものを選んでおけば、後々先輩に虐められることも少なくなります。

仕事相手に対して不安を与えてしまわないように、しっかりとしたスーツを用意して仕事に臨むようにしましょう。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。