オドオド自分から脱却したい!自信の付け方4つ

自信の付け方

自信のある人というのは、いつも光に満ち溢れていて、眩しい存在ですよね。でも、世の中、そんな人ばかりではありません。

チャレンジしてみたいことがあっても、自分にできるかわからないからとあきらめてしまったり、最初からやってもみないでしまったり。自信のなさから、諦めてしまうことが当たり前になっていませんか。それは、とてももったいないことなのです!

今すぐできる!自信の付け方4つ

自信の付け方①嬉しい言葉を素直に受け取ろう

自信が持てない人というのは、誰かの褒め言葉をそのまま受け取れないことがあります。例えば、「可愛いね」と言われたり、「仕事ができるね」と言われたとしても、「自分なんて」と思っているが故、お世辞だろう、もしかして馬鹿にされているのではと思ってしまうことすらあります。

そんな時は、「いえ、わたしなんて」と否定的な言葉を言うよりも先に、「ありがとうございます」とお礼を言ってみてください。しっかり受け止めることで、さらに「可愛くなるには」「仕事ができるようになるには」と考えるようになり、自信につながっていきます。

自信の付け方②苦手なことは置いておいて、得意なことを頑張ろう

自信のない人がやりがちなことですが、「苦手なことをなくさないと」「そのために頑張らないと」と思い込んでいる人がいます。ですが、それは間違い!

苦手なことを克服するのも、もちろん大切ですが、克服には長い時間が必要であり、その最中は挫折や失敗がついて回ってしまいます。それを繰り返すうちに、元からない自身がさらに喪失され、結果的には心が折れて克服までいかないことが多いのです。

そんな時は、まず「自分ができることをよりよく」する努力をしてみましょう。そうすることで、「私、意外にできるのかも」という自信へ繋がります。

自信が付くと、苦手の克服にも強い心で立ち向かえるはず!

自信の付け方③自分と他人、過去を比較しない

「自分は出来ないのに、周りは出来る」「自分は成功してないのに、周りは成功をつかみ取っている」「かつてこんなにできたのに、今は全くできなくなった」……。こんなふうに考えてしまうこと、私もあります。そしてそのたび、自信を喪失してしまいます。

でも、周囲や過去と比べても何の意味もありません。あなたの仕事は、その人と競うためにやっているものでしょうか。周囲の成功と、あなたの成功は全く同じものでしょうか。違うはずです。

あなたが今やっている仕事、物事は「あなたのもの」です。他人の仕事より、過去の成功譚より、あなたの今手掛けている仕事に集中してみてください。できないことよりもできることに目を向けてください。そうすれば必ず成功に繋がり、それがひいては自信につながっていくはずです。

自信の付け方④成功しない恐れより、「ダメでもともと」!

自信がない人というのは、実は完璧主義者であることが多いのです。完璧主義者がなぜ自信がないのか、それは、「絶対に」「成功させなければ」この2つが大きく関係しています。

「絶対~しなければ」と考えていると、それができなかったときのことを頭では無意識に考えます。失敗したらどうしよう、失敗したら怒られるかもしれない、そんなマイナスイメージが、自信の喪失につながるのです。

そんな人は、「ダメもと」と言う言葉を思い浮かべてみましょう。「ダメでもともと」。最初から成功するとは限らない。ダメでもともとなのだから、成功したら素晴らしい。そんな風に考えるのです。

きっと完璧主義者のあなたは、しっかり準備をしているはず。心のリラックスさえ得られれば、絶対に成功するはずです。心を落ち着かせるのは大変かもしれませんが、少しずつ訓練してみてくださいね。

自信は「小さな成功」からついてくる!

どうでしたか? 自信は不思議なもので、ちいさな一つの成功体験がもとになって、さらに次の自信へ、次の成功へと導いてくれるのです。

前向きな気持ちで、ひとつひとつチャレンジしていけば、あなたも必ず自信が湧いてくるはず。ぜひ実践してみてくださいね!

 

この記事をシェアする

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。