常識が間違っている?「面接時の服装」




転職をするにあたっては誰もが通る「面接」。志望動機や自己PRはバッチリ!というくらい入念に準備する人は多いと思いますが。意外と困ってしまうのが服装。

新卒の採用面接では、リクルートスーツを着ていけば問題ありませんでしたが、転職の面接となると、「何を着ていけばいいんだろう?」と悩んでしまいますよね。そんなアナタに面接時の服装についてしっかりご紹介!

とりあえず転職でもリクルートスーツをはちょっと待った!

面接に行く時のスーツは「リクルートスーツ」ですか?普段は私服だし、数年ぶりに着るけどスーツはこれしかない。という方も必ず面接日の前に一度試着して全身チェックをして下さい!

  • サイズは合っているか、におい、シワなどはないか。
  • デザイン、色味に違和感はないか
  • 上下、靴はちゃんとあるか

意外とこの抜けがあって慌てる事は多いです。年齢相応のスーツをというのが理想ですが、

リクルートスーツしかない場合は、せめてクリーニングに出すなどしておくと安心です!

業界や職種の服装傾向を知ろう!

業界によって許される服装は様々!

金融やメーカーなど固い業界であれば、スーツ一択私服で行ったら大顰蹙ですスーツでもデザイン性があるものより、シックなものにしたほうが良いでしょう。

かたやアパレルや広告などの業界は私服で来るように指定するところも。その場合は過度な露出は控えつつもトレンドやその企業の特色に合わせて服装を決めましょう。何でも地味にすれば良いというのは間違い×

受付や事務職、秘書など女性らしさを演出するために、スーツでもスカートスタイルにするのがおすすめ◎パンツスタイルだったら落ちるというわけではありませんが、第一印象で女性らしいと思われるのは強いかも。かえって営業職などの場合はパンツスタイルを着用するのがおすすめです。きびきびと活動的な雰囲気が出て、キャリア感がでて好印象を持たれる場合も☆

などなど、業界によって本当に判断は様々ですね!

服装で見落としがちな小物等に注意!

目立つ時計や派手なアクセサリーはもちろんNG! また、スーツに合っていない靴や、ビジネスにふさわしくない色や形の鞄やバッグも気をつけるようにしましょう。ブランドのバッグも面接時は避けてくださいね。

女性がプチネックレスや目立たないイヤリングをするのは問題ありません。また、面接時は見えないからと油断しがちですが、靴が汚れていると目立ってしまうので、履く前にきちんと手入れをしておきましょう!清潔感は大切です。

オフィスカジュアルな服装での面接も可とされている場合、ジーンズを履いていって良いのか迷ってしまう人もいますが、デニムは絶対NG。黒いパンツにするか、スーツにしてしまうのが無難です。

細かいところも気をつけられるとスマート

靴は黒いパンプスならなんでも良いでしょ?いえいえ、理想を言えば高さ35cmのヒールのパンプスが基本です。

黒以外に、スーツやバッグに合わせて茶色やベージュでも構いません。ヒールが高すぎる靴がダメだからといって、ぺたんこ靴を選ぶのも×。スーツスタイルにはあまり合いませんし、多少ヒールがあったほうが姿勢よく見えるので、メリットがあるローヒールパンプスを選びましょう!

大前提として、ストッキングは絶対に着用すること!ベンチャー系企業やアパレル系企業の中には、ナマ足×サンダルOKの会社もありますが、それは非常にレアなケース。仮にそのようなレアな会社であったとしても、面接の段階ではストッキング着用で望みましょう。面接時のスーツに合わせるストッキングについては、面接官に良い印象を与えるためにも黒ストッキング・黒タイツはマナーとして避けましょう。スカートスーツでもパンツスーツの場合でも同様です。パンツスタイルの場合には膝下まで脚が隠れるので一見分かりづらいですが、歩いたり、座ったりといった動きの中で足首やくるぶしが見えてしまいます。ブレスレットや結婚指輪以外の指輪はどの業界でもやめておいた方がいいでしょう。つけるならシンプルなシルバーやプラチナのネックレスのみです。じゃらじゃらつけるのはやめておきましょう。

まとめ

業界によっては堅苦しさを嫌う会社もありますが、まだそこで働いているわけでないのですから、できるだけきちんとするのを心がけて。一番大事な事は「マナーに沿ったうえで自分に似合っている事」、そして「転職先の職場に合わせる事」です。余裕があればこの機会に、一着はお気に入りのスーツ(ジャケットとパンツかスカート)を新調することをおすすめします。今の自分に一番似合うスーツは、面接で大きな武器になります。また、お気に入りのスーツを持っておくことは、転職活動だけでなく、転職後にも使えますし、もし転職をしなかったとしても、現職の特別な席で着たりと、すごく使えるので、持っていて絶対に損はないと思います。なのでこの機会に自分に似合う着たくなるようなスーツを買っておきましょう♪






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。