キャリアチェンジのラストチャンス?! 30代からの転職の現実

30代からの転職の現実

新しいことに挑戦できる20代。業界や仕事内容を変えることに抵抗がないのもこの年代の特徴です。ですが、30代ではどうでしょう。仕事の経験も豊富になってきて、いままで培ったキャリアを基に、それなりの役職を手に入れている人も多いのではないでしょうか。
そんな中、「キャリアチェンジ」をしたいと思い立ったら……。
もちろん不可能ではありませんが、培ってきた経験がある分、30代になってからの全く新しいキャリアチェンジはなかなか困難である、と言えるでしょう。
そこで、今回は、30代でキャリアチェンジをした時の現実を見ていこうと思います。

30代のキャリアチェンジはそんなに難しいの?

働き盛りのベテランが「新人」に逆戻り……

30代と言えば、やはりもっとも働き盛りの年代。新卒で入社したとすれば、5年以上のキャリアを積んで、より一層会社で飛躍できるタイミングです。ですが、その一方、現在までに経験してきた業種や職種とは、全く違った世界に飛び込んで、新たな仕事を始めたいと考えはじめるのも30代の特徴なのです。
ですが、前にも述べているように30代は経験を積んだ「ベテラン」の年代。そんなベテランが、キャリアチェンジによって新人に逆戻りすることになります。ですから、大変申し上げにくいことではありますが、「第二新卒」に比べると、30代からのキャリアチェンジは非常に不利と言わざるを得ないのが現実です。

諦めることなかれ!もちろん絶対に不可能ではない

しかし、人生のターニングポイントともいえる30代にかけて「営業」から「事務」になりたい女性は現実にたくさんいますし、それを実現させている人もたくさんいます。役者などのエンタメ業界から会社員になった人もいます。どうしてもやりたいことがあるのならば、チャレンジしないであきらめてはいけません。
それに加えて、30代を超えてそれより上の年齢になると、キャリアダウン以外の「キャリアチェンジ」はまず困難とはっきり言えます。その時になって後悔するくらいなら、30代のうちにチャレンジしてみて損はないでしょう。

30代からの転職の現実