社内不倫はヤバイ!バレる理由4つとこんな男には要注意!

社内不倫

数ある不倫愛の中でも一番多いのは、職場での社内不倫。
上司や同僚として毎日会っている人には好感を抱きやすいですし、仕事をしている姿はきらめいて見えるもの。しかし、不倫は、すべてを失いかねません。

社内不倫がバレる人の共通点4つ

「不倫は文化」――なんて、もう死語でしょうか(笑)浮かれて軽率になってしまうのが「恋」ですが、不倫は決して許されたことではありません。
実は、不倫がバレてしまう人には共通点があるって、知ってましたか?

態度が不自然でバレバレ!意識しすぎる

バレてはいけない!と意識するあまり、態度が不自然になってしまうと、かえってバレやすくなります。筆者は女性ですが、男性のほうにこの傾向が多いような気がします。
普段と違って目も合わせようとしない、呼びかけにも聞こえないふりをする、など、やり過ぎは禁物。かえって怪しい……ですから。あくまでも「普段通り」がいいのかもしれませんね。

ついうっかりがミスのもと!思わぬところでぼろが出る

人というのは、どうしても、慣れてしまう生き物。間違って二人きりのときに呼んでいる呼び方になってしまった、ラインを誤送信してしまった、など、本当にあるの?と思われるようなミスですが、案外実際にあるよう。このような不用心は、慣れや油断から発生してしまうのです。

女の子にありがち、「相談」するのは命取り

これは圧倒的に女性側に多いのですが、たとえ仲の良い友達でも、不倫の相談なんて、絶対してはいけません。女の子の「お喋り」は、一人に言うだけでも爆発的に広がるもの。それも不倫なんてスキャンダラスな話題ならなおさらです。
不倫をするのなら、とにかく誰にも打ち明けてはいけません。それこそ「墓まで秘密を持っていく」覚悟が必要です。覚悟がなければ不倫などするべきではない、のかもしれませんね。

一番やってはいけないこと、本気になること

本気になると、進むにも退くにもとても苦しい思いをすることになります。
気付かないうちに「好き」という感情があふれて、見つめてしまったり、メールにニヤついてしまったりと、周囲にバレる行動を無意識にとってしまう危険がありますし、なにより別れにくくなってしまうのが辛いですから。

どんな人が社内不倫にハマるの?こんな男には注意!

管理職になりたての男には要注意

役職という武器を得ると、男性は女性が思っている以上に自信をつけます。周囲からチヤホヤされるようになり、遊び慣れていない人でも、気が大きくなります。そのせいもあり、女性から見ても魅力的に見えてしまうもの。アプローチを受けても、しっかり受け流さないと大変なことになるかも。

転勤が多い男には要注意

転勤が頻繁な仕事なら、既婚者には束の間の「一人暮らし」の時間ができます。これをいいことに、不倫に走る男性も少なくありません。
中でも社内不倫に走る男性は、転勤先である現地の女性と関係を持つことが多いよう。ドラマなんかでもよく見ますが、なんにせよ、大体は証拠を完ぺきに隠滅できることができず、バレていますよね……。

まとめ

「好きになった人がたまたま既婚者だった」「刺激を求めた」など、不倫の始まり方はそれぞれだと思います。しかし、「結婚」に契約としての法的な効力がある以上、不倫はれっきとした違法行為です。
社内不倫がバレてしまうと、社会人としての信用が失われるだけでなく、処分の対象になることも考えられます。最悪の場合はクビということもあるでしょう。
不倫をしているという時点で、どちらも悪いのです。非難されたり、職を失ったりする覚悟がないなら安易な関係を結ばないのが一番。
リスクだらけの不倫からは一刻も早く足を洗わないと……、大変なことになるかもしれませんよ。



社内不倫