突然やってくる?社内恋愛のきっかけ

突然やってくる?社内恋愛のきっかけ

一日の大半を過ごす会社では必然的に異性と話す機会も多くなります。とはいっても、それは単なる仕事上の関係かもしれません。ですがある時、ふとしたきっかけで恋が芽生えることがあります。社内恋愛に発展するきっかけは一体どんな場面なのでしょうか。

異動が決まった時

異動や転勤でいつも一緒に働いていた彼がいなくなる…。そう思った時、恋愛感情が生まれるきっかけになります。異動や転勤は別れを連想させるサイン。その別れの気持ちは”寂しさ”へ変わり、寂しい気持ちは”好き”という気持ちにリンクしやすいと言われています。
また、異動は告白のタイミングにも適している時期です。告白が失敗しても、気まずくならないのでお互いの負担になりません。”好き”という気持ちではなくても、いつもの仕事ぶりや彼の印象を伝えるだけでも喜んでくれそうです。彼が新天地に行くなら、不安は多少なりともあるのではないでしょうか。そんな時に、自分が今まで頑張ってきたことが認められたと思うだけで、前に進む自信にもなります。自分自身の言葉で彼の存在がいかに大事かを伝えれば、今後も連絡を取りやすくなるかもしれません。
カップルになった時にも、異動で遠距離であれば安心なのも事実です。同じ職場であれば、社内恋愛がバレないかいつもヒヤヒヤしなければなりません。異動であれば、毎日顔を見なくて済むので適度な距離感を保てます。遠距離は寂しいと思いがちですが、同じ職場の人であることから、お互いに分かり合うことができます。お互いの仕事に理解があるので、心に余裕も生まれうまくいく場合が多いのだそうです。

飲み会の席で…

職場の飲み会は出会いのチャンスです。飲み会をきっかけに社内恋愛に発展するケースは少なくありません。飲み会は、お酒が入るので、いつも職場にいる人の意外な面も見ることができます。そのギャップにときめいてしまう女子は多いですよね。職場では厳しいのに、お酒の席では優しい男性や、お酒を飲むと甘えん坊になったりする姿から恋が生まれるケースも。自分が飲み過ぎた時、いつもは厳しい上司に介抱して貰ったり、きちんと家まで送ってくれたり…。そんな意外性にキュンとしてしまいますよね。
また、職場の大規模な飲み会にもチャンスがいっぱいです。違う部署の人とも会えるきっかけになりますし、新鮮な出会いも期待できます。好きな人がいる場合も、飲み会は親密になるきっかけが多いです。彼が参加する飲み会には参加するのがおすすめです。飲み会の席では隣に座り、アピールしてもいいですね。お酒を飲めば本音も出やすくなるので、悩みや相談を聞いてあげることもできます。

突然やってくる?社内恋愛のきっかけ