待ちに待った妊娠! 会社へはどう伝えるべき? 最適なタイミングと伝え方について

妊娠報告

女性にとって、妊娠は人生の大きな分け目のひとつ。喜びはひとしおですが、不安も多いですよね。特に働く女性は、まず会社への報告をいつ、どうすべきかと悩まれることでしょう。そこで今回は会社への妊娠報告の最適なタイミングと伝え方についてご紹介します。

 

会社への報告、いつすべき?

特に問題がなければ、妊娠12週、もしくは安定期といわれる16週が、一般的な報告のタイミング。ただし、職場環境や体調によって報告のベストタイミングは異なってきます。

 

立ち仕事や外回りなど身体を使う仕事や残業が多い仕事など、重労働である場合は、早めの報告が重要です。妊娠初期は赤ちゃんの状態も不安定で流産をしてしまう可能性が高いからです。検査薬の判定ではなく、医師の診断を受けてから報告。赤ちゃんのためにも仕事の調整をしてもらいましょう。

 

赤ちゃんの心拍が確認できる6週~8週目はつわりがひどいことが多いです。通勤や勤務に支障をきたすことも考え、このタイミングで報告するのもいいでしょう。もちろんその前からつわりがひどいようでしたら、すぐに報告することをおススメします。

 

デスクワークなど身体の負担が少ない仕事の方は、12週以降、16週以降ともなれば、流産の確率も低くなっているので、体調に問題がなければこのタイミングでOKです。

 

誰にどう伝えるべき?

まずは直属の上司に報告しましょう。相談しやすい先輩や同僚がいるかもしれませんが、万が一、そこから上司に漏れ伝わるということがあれば、心象が悪くなってしまいます。直属の上司以外への報告は、関係性によって時期を分けるのがベストです。

 

報告は、メールやメッセージアプリなども記録が残って便利ですが、やはり業務に少なからず影響を与えることですから、面と向かってするべきでしょう。事前に時間を作っていただき、あくまで一社会人として落ち着いた態度で臨んでください。その際に伝えることのポイントは以下になります。

 

  • 現在の状況(妊娠何週目か、つわりなど体調はどうなのかなど)
  • 出産予定の時期(産休の時期)
  • 検診の予定とそれに伴う欠勤の有無
  • 通勤や勤務について心配なことや要望
  • 出産後、職場に復帰する意思の有無

 

これらを伝えたのち、産休や育休、引き継ぎや職場復帰についてしっかり相談してください。妊娠や出産を理由に不当な扱いをすることは法律上禁止されていますので、言葉は慎重に選びつつも、自分の意見を伝えることが大切です。

 

いかがでしたか? 妊娠はおめでたいこと。スムーズな報告で、みんなから祝ってもらえるようにしたいですね。

妊娠報告