無理難題ばかり押し付ける!理不尽な上司3パターンの対応方法

理不尽な上司




上司にも、いろいろなタイプがいます。部下思いの上司や、その逆も然り。会社によっては、理不尽な上司だらけなんてことも……。そんな上司のもとで働いていたら、ストレスが溜まってしまい、精神的にもつらくなってしまい、仕事もやりにくくなってしまうのは間違いありません。
しかし、残念なことに、上司自身を変えることは難しいのも事実です。今回は、そんな理不尽な上司3パターンと、それに対する対応方法をご紹介します。

理不尽な上司は仕事の指示が何度も変わる!

仕事の指示がいろいろと変わる上司がいます。さっきはAと言ったのに、終わってみたらBだと言うとか。このような「指示変えをする上司」には、「こちらも何度も確認する」対応がベター。
こういう上司は、悪気があって指示変えをしている場合と、自分が言った指示を忘れてしまっている場合があります。
ですので、上司に対して「これはこのまま進めていいですか?」「2日後に納期でしたが、変更はありませんでしたか?」など、仕事に対しての確認を徹底しましょう。
ポイントは「あの時はこう言ってましたよね」と、上司へ示すこと。それによって、「ああそうだった」と思いだすことができたり、「変更があって」と聞き出すことができるので、最終的に終わってから「また直すの?!」「言ってること違うじゃないか!」というストレスを軽減することができます。

理不尽な上司は意味もなく怒鳴ったり責める!

小さなミスでも怒鳴ったり、執拗に攻め立てる上司もいます。そんな上司は、子供のような性格で「困ったり辛い顔をしている部下」を見ているのが楽しいのです。
そんな子供っぽい上司に対しては、顔では申し訳なさそうな表情を作りつつ、内心はスルーしてしまうのが一番!
文句をばんばん言ってそれで相手の気が済むのなら、もちろんストレスになるでしょうがあなたが大人になって、言わせておけばよいのです。
ただし、自分がなにも悪くないのにも関わらず、退職せざるを得ないような大きな責任を擦り付けられそうになった場合は、はっきりと自分に責任はないという事を伝えてください。そして、その上司にはもう相談することはなく、それよりも上の上司に相談するか、信頼のおける同僚に相談しましょう。その理不尽な上司のために、あなたの人生を棒に振ることはありません。

理不尽な上司は気分で態度が変わる!

その日の、もしくはその瞬間の気分によって、周囲への接し方がまるで違う気分屋な上司は本当に面倒くさいもの。機嫌がいい時には仕事をほめてくれるのに、何か上司の気分を害することがあると、とたんに「こんなんじゃだめだ!」と怒鳴ったりします。
まったく同じように仕事をしているのにもかかわらず、こんなにも違った対応をされてしまっては、部下としてもどうしようもないでしょう。
上司の機嫌を取りながら気を遣っていなくてはならないので、部下はストレスが溜まります。
このタイプの理不尽な上司には、自分で機嫌を取るのではなく、機嫌のいい時に報告するようにしたり、なるべく早く仕事をするようにします。機嫌を悪くする種を作らないのが一番です。

まとめ

理不尽な上司の3つのパターンと、その対応方法を紹介してきましたが、いかがでしたか。
理不尽な上司には抗議をすることよりも、むしろ刺激せずに上手に付き合っていくのが一番。逆に、その上司に気に入られてしまえばあなたの勝ちです。
悩んでもやもやしている状況が、なによりもあなたを苦しめてしまいます。どうしてもつらい場合は移動願を出してもいいですし、転職も考えてもいいでしょう。あなたにとって最善の方法を探してくださいね。






理不尽な上司