美大卒の私がたどり着いた“産業カウンセラー”と“会社員”のダブルキャリア【会社員・産業カウンセラー/布佐真帆さん】

布佐真帆




昼間はIT系の会社員、夜や休日は産業カウンセラーとして、働く人の悩み相談やキャリア形成のサポートを行う布佐真帆さん。美大卒業後、彼女がダブルキャリアとしての生き方へたどり着くまでの歩みや、大切にしていることを伺いました。

ポイントは……

  • 美大卒から産業カウンセラーへ
  • ダブルキャリアを体現!
  • まずとにかく“やってみる”!

会社員・産業カウンセラーという二つの顔

株式会社パーソルプロセス&テクノロジーで、オフィス開設・移転の際にIT回りの工事手配をしています。簡単に言うと、電話やネットの回線を使える状態にする仕事ですね。会社勤めをする一方で、夜間や休日に個人で産業カウンセラーとして、さまざまな方の相談に乗っています。
産業カウンセラーと聞くと、メンタルヘルスを連想する方が多いと思いますが、人間関係の相談はもちろん、キャリア形成の悩みなど、相談内容は多岐にわたります。働く人が抱えるさまざまな悩みを聞き、モヤモヤを解決するお手伝いをしています。

産業カウンセラーとの出会い

布佐真帆

最初からカウンセリングに興味があったわけではなく、デザインや企画が好きだったので、美大へ進学しました。でも、卒業制作と就活の両立が難しくて…。卒業後は旅行会社に派遣社員として就職。その後、正社員として働きたい!と思って今の会社へ入りました。
30歳になる少し前に、10人前後の技術者を抱えるリーダーとして抜擢いただいたのですが、部署のメンバーには、自分より一回り以上も年上の男性もいて。メンバーを束ねていくことへの不安に、プライベートの悩みも重なり、いっぱいいっぱいになってしまって…。
そんなとき、友人の紹介で知り合った産業カウンセラーの方に、お話を聞いていただく機会があったんです。アドバイスを受けてモヤモヤが晴れるのを感じたのと、もともと誰かの話を聞くのが好きだったこともあり、「私も産業カウンセラーになりたい」と思うようになりました。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。