活躍したい女性の応援団。あきらめないで、あれもこれも手にしよう!【キャリアコンサルタント/森ゆきさん】

森ゆき

込み上げてくる涙の理由は…

個別のコンサルティングで一番大切なのは、自分が本当はやりたいと思っていることに本人に気づいてもらうことです。話せるように誘導していくと、結婚や子供をどうするかとか、両立するかとか、いろんな悩みが出てきます。それってまさに私が悩んできたことなので、すごくわかるんですね。

それが相手に伝わると、泣き出す方が多くて。涙ぐむだけなら、半数以上。それぐらい、本当にわかってもらえる人に話す機会ってないんですよ。

もちろんそこで結論が出るわけじゃないけれど、話すことで頭の中が整理されてすっきりするし、悩んでいるのが自分だけではないこともわかります。最後は明るい顔で面談が終わると「この人は、前向きに自分の道を進んでいこうという気持ちになってくれたんだろうな」というのがわかってすごく嬉しいです。

私、本当に仕事をやめたいの!?

森ゆき

実は私、1回転職しているんですが、理由はリストラです。外資系のメーカーで10年働いたんですけど、日本から撤退することになって。その時に私を含めて100人ぐらいが「3ヶ月以内にやめてください。仕事は一切しなくていいので、今日から転職活動してください」と言われたんです。

子供が4歳と0歳だったので「子供2人いたら受け入れてくれるところないよな」と思っていたら、家計を支える立場の男性社員から「森さんはいいよね。別に転職しなくても専業主婦になればいいじゃん」と言われて。そう言われると、その時は「もう専業主婦になるしかないのか」と思っちゃいましたね。

でも、夫に話したら「辞めたいならいいけど、仕事したいんでしょ? 転職活動してダメなら辞めてもいいけど、このまま辞めたら悔しいじゃない」って言ってくれて。夫の言葉がなかったらあきらめてましたね。

あきらめないためのパートナー選び

のちに夫が1年間だけアメリカに行くことになったので私も休職して家族で行ったんですが、育児と家事だけしているのがすごく辛くて。こんな生活は無理!と思いました。

誰もが自分がやっていることを評価してもらいたいけれど、育児や家事では評価してもらえない。そこでもやもやしている専業主婦の人たちも多いと思うんです。一方で、企業で仕事をしている人が満たされているかというと、家庭や子供をあきらめてきた人も多いので、それはそれで後悔があるというか。

だから、これからの若い人には両方やってほしいし、両方できてほしいんです。仕事をやめる必要なんて全然ない。結婚して子供もほしかったら産んでほしい、両方充実させてほしいってすごく思います。

ただ、そこでいつも女性の方に言っているのは「パートナー選びが重要です」と。夫婦ともに働いていくこと、一緒に家庭を運営していく、ということを理解してくれる方を選ばないと厳しいです。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。