「元モーニング娘。」から、「女優・小川麻琴」へ…独り立ちを目指して!【女優/小川麻琴さん】

小川麻琴

勢いでニュージーランドへ!

小川麻琴

モーニング娘。を卒業した後、1年3ヶ月ほどニュージーランドへ留学をしていました。
当時、メンバーの中に留学した子が一人もいなかったんです!だから新しいことをやってみたくて、わくわくしながら行きました。海外で暮らせばすぐ英語ペラペラになるんだろうな~♪とか思っていて、若い頃は怖いもの知らず過ぎましたね(笑)。
実際は3ヶ月くらい毎日のように泣いていました。言葉が通じないことがこんなに孤独だとは……。
ホームステイ先の家族が本当に素敵で助けられました。私のたどたどしい英語を必死に聞き取ろうとしてくれて、つらいだけだったのが、「頑張ろう」と思えるようになったんです。

もっと英語を活かしたい

小川麻琴

日本に帰国後は、出版社の方からお声をかけて頂いて、TOEICの広告塔をやらせて頂きました。そちらの教材を使って、目標の800点を取りました!前回受けたときが730点だったので、かなりアップです♪
日本に住んでいると、なかなか英語を使う機会って無いですよね。でもせっかく子どもに英語を教える資格も持っているので、もっと英語力を活かしていきたいです!
女優一本というよりは、頂いたお仕事なら何でもやってみたいですね。

第一印象が「元モーニング娘。」「元アイドル」

小川麻琴

お仕事を頂いて初めてご挨拶するときは、やっぱり「元モーニング娘。の子だ」っていう第一印象で見られることも少なくないですね。
舞台俳優をずっと続けている方からすると、「所詮アイドルでしょ」と感じることもあると思います。
実際にソロ活動になったばかりの頃、共演する舞台女優さんが私のお芝居を見て、「それで大丈夫?」「アイドルでもしっかりやらないとダメ」と仰ったんです。
劇団の練習に参加させて頂くと、もう発声の仕方から全然違って。ずっと舞台でお芝居をされている方たちと自分との差を肌で感じ、今まで以上に本気でやらないとやばい!と思いました。

次に繋がるよう、どんなときも学ぶ姿勢!

小川麻琴

私は初めから女優だったわけではないので、まずは俳優さんたちに対して失礼の無いように気をつけました。発声やストレッチなど基礎から教えて頂いて、とにかく一生懸命に取り組んで。
「元アイドル、意外と頑張ってるじゃん!」と思ってもらえるように、どんなときでも常に学ぶ姿勢で臨んでいます。
元モーニング娘。って肩書きが付いてしまうことをマイナスに受け取っていた時期もありましたが、だからこそもらえたお仕事もあるので、感謝の気持ちは忘れないように。でもそれだけだと2回目は無い、と思っています。
「女優・小川麻琴」として存在を確立して、次のお仕事に繋がるよう頑張っていく。それがこの先10年、20年と芸能活動を続ける中で掲げていたい目標です!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。