経理職に就きたい人必見!おすすめ資格13選

経理職

社会人女性の中で、経理の仕事に興味がある人は少なくないでしょう。経理職は、力仕事などに比べて、男性と女性の性差があまり表れない職種です。きめ細かな配慮を必要とするデスクワークが中心のため、女性に向いていると言えるかもしれません。また、女性の比較的多い職場としても有名です。そんな経理の仕事に就きたい女性や、さらなるスキルアップを目指したいという経理職の人に、おすすめの資格や検定を13選、紹介します。

経理の資格としてポピュラーな日商簿記検定

経理の資格として一般によく知られている日商簿記検定について解説します。

日商簿記がおすすめ

簿記は取引を帳簿に記録して計算する技法です。それによって一定の時点での財産や損益などを確認することができます。
簿記の資格には日商簿記だけでなく、全商簿記と全経簿記というものもあります。日商簿記は日本商工会議所主催です。他の2つはそれぞれ全国商業高等学校協会と全国経理教育協会が主催しています。試験の難易度も違っています。一般的に簿記の資格と言えば、日商簿記を指すことが多いです。そして日商簿記が最も難しい試験と呼ばれていて、合格率も低くなっています。

経理業務で使用できるのは2級以上

日商簿記は1級から4級まで存在しています。4級は簿記について学び始めたばかりの人や学生向けです。3級からは、簿記について本格的に学びたい人や社会人向けです。日商簿記3級以上であれば、就職や転職の際、履歴書の「免許・資格」の欄に書いて、一定の評価を得ることができます。ただし経理業務で使用できるのは日商簿記2級以上となっています。もし取得を目指すのであれば、2級以上を目標にしましょう。2級の合格率は約30%、1級の合格率は約10%です。合格基準はどちらも正答率70%以上となっています。2級や3級は2月、6月、11月の年3回行われています。ですが1級は6月と11月の2回だけなので注意してください。

社員も経営者も役立つビジネス会計検定

様々なシーンで使用できる汎用性が高いビジネス会計検定について解説します。

経営者にも社員にも有用な資格

損益計算書や貸借対照表などの財務諸表は、会社経営に欠かせません。そういった財務諸表に関する知識や分析力は経営者だけでなく、社員にも必要だと考えられ始めています。そういったことを学ぶビジネス会計検定は、回を重ねるごとに受験者数を伸ばしています。

身につくのは財務諸表の作成能力や読解力

ビジネス会計検定で求められるのは、ただ単に財務諸表を作成する能力だけではありません。財務諸表が表す数値を読み解き、ビジネスに役立てていくことを重視しています。簿記検定とはそこが大きく違います。決算書を理解できる能力である会計リテラシーの重要性が高まっている中、人気が徐々に出始めている資格です。

1級から3級の違い

3級では、会計用語と財務諸表の基礎を理解することで、会社の経営状況などを分析する力が習得できます。2級では、3級の応用としてキャッシュフロー分析や損益分岐点分析などを学びます。企業戦略や事業戦略が理解できるようになるでしょう。1級では、さらに詳細に財務諸表などの会計情報を分析します。企業評価や経営方針などのマネジメントスキルが習得可能です。
合格基準は3級と2級は、100点満点中70点以上を取ることです。
1級は200点満点中140点以上を獲得しなくてはなりません。また、論述式だけで50点以上取る必要もあります。

給与計算の基本が学べる給与計算実務能力検定

給与計算から労働に関する法令まで幅広く習得できる給与計算実務能力検定について解説します。

内閣府認定の一般財団法人が主催

給与計算実務能力検は、内閣府認定の一般財団法人職業機能振興会が主催する資格です。1級と2級があります。学ぶのは給与計算の基本だけではありません。社会保険、労働に関連する法令、所得税などの知識も学べます。

2年ごとの資格更新が必要

給与計算実務能力検定について忘れてはならないのが、2年ごとの資格更新です。多くの経理に関する資格には、資格の更新が必要ではありません。そのため忘れてしまうことを心配する人もいるでしょう。ですが文書で更新の案内などが届くので安心です。手続きを済ませれば、新しい認定証が発行されます。

1級と2級の違い

出題科目は1級、2級ともに給与計算業務に必要な基礎知識、労働基準法などの法的知識、実際の給与計算の3点です。2級が月次の給与計算ができるレベルなのに対し、1級は年間の給与計算ができるレベルです。例えば1級は、年末調整などの複雑な制度にも対応できる力を習得します。
合格基準が1級と2級で違います。1級は7割以上の得点を獲得し、かつ計算問題を6割以上正解している必要があるのです。2級は7割以上の得点を獲得するだけで合格です。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。