事務職として働くための履歴書の書き方

履歴書

事務職はいまや超人気の業種です。就職したい方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? でも未経験では、履歴書になんて書いていいかわからない。どう書いたら、面接担当者によく思われるのだろうか。そんな疑問があると思います。今回は、未経験でも行きたい業種にアピールできる履歴書の書き方を抑えようと思います!

そもそもなりたい事務職とは

事務職の種類

まずは事務職の紹介。一口に事務と言っても、こんなに種類があるんです!

一般事務…資料作成・データ入力・伝票処理・電話応対など

営業事務…在庫管理・納期管理・受発注業務・売上業務・回収業務など

庶務………伝票処理・出張清算・データ入力・ファイリング・電話応対など

経理事務…原価計算・勘定振分業務・管理帳票の作成管理など

受付事務…来客対応・スケジュールチェック・雑務など

貿易事務…英文での船積書類作成・船積手配・船積通知・納期回答など

医療事務…受付・会計・カルテ管理・診療報酬請求業務など

なりたい「事務職」になるには

事務といっても、一般事務、営業事務、受付事務など、種類は様々ですし、業務内容も会社によってはかぶります。どの事務職に就きたいのか決め、そして求人の業務内容欄はしっかり確認しましょう。そこから志望動機作成のヒントも見つかるはずです。

未経験で事務を希望するときの志望動機は、前職の経験を活かす、コミュニケーション能力が高いといったところを自己PRすること。また、パソコンのスキルや業務に役立つ資格があれば、それもアピールするようにしてみましょう!

とにかく役立ちそうな資格をアピール!

事務系スキルはアピールポイントに!

パソコンスキルが高いのは高ポイントです! 事務職では、オフィス系のソフトで業務を行うことが主になってきます。「Word」、「Excel」、「PowerPoint」ができるのはもちろん、現在では「Access」が使えることも大きなポイントになってきます。しかし、口では何とでもいえるもの。MOS( マイクロソフトオフィススペシャリスト)という資格があり、これをもっていると外的にもできるという事の証明にもなりますので、取って書いておくのに越したことはないでしょう。

業種に即した資格はもれなく記載!

例えば経理であれば簿記、秘書であれば秘書検定、医療系であれば医療事務など、業種に即した資格はいくつもあります。その資格を持っているのであれば、大きなアピールポイントになります。また、運転免許があるのも、社用車を使ったり、お使いに行ったりするのにも使うことができます。持っている資格は、自分で取捨選択することなく、履歴書にはもれなく記載するようにしましょう。

正確な処理能力は大きなポイントに

未経験者に求められることの最低条件として、仕事を迅速に、かつ正確に処理できるという点があります。事務の仕事には、細かな作業が多くあります。それを正確に、スピーディーに行うことができることは、面接担当者には非常に好まれるでしょう。 その正確さの一つの指標としては、履歴書の情報としても見ることができます。

例えば数字が間違っていたり、漢字が間違っていたり、渡すときに折れていたり……そのひとつひとつが、あなたの印象につながるのです。細かなところに気が付き、修正できることが、事務職への適性とも言えます。

まとめ

履歴書は選考者が見る一番最初のあなたの情報です。しっかり、丁寧に、確認を何度も行うことがとても大切になります。そして、内容以外のところでも、見てくれる人に好印象を与えられるように気を配りながら、自分の目指す仕事に就けるように頑張りましょう!

履歴書