30代からプログラミングを学ぶのってぶっちゃけどう?メリット・デメリットを解説【ライター/粕谷麻衣】




義務教育の段階で必修化されることとなった「プログラミング」。メディアでも目にすることが増え、自分もプログラミングを学んでみたいと考えたことのある方は多いのではないでしょうか。

とくに、現代はAIの登場やIT業界の飛躍的成長などの背景もあり、プログラミングのような専門的なスキルを求められる仕事は注目されつつあります。

しかし、プログラミングを学ぶにあたって、「30代でも学習を始められるものなのか」「そもそも30代からプログラミングを学び始めるのはありなのか」などは気になるところでしょう。

そこで、今回は30代からプログラミングを学ぶメリット・デメリットを詳しく解説します。

30代からプログラミングを学ぶ方が増加中

実は近年、30代や40代といった比較的大人の世代でプログラミングを学び始める方が増加傾向にあります。理由は冒頭でも触れた通り、AIやIT業界の成長が大きく関わっていることが挙げられます。

自分の将来のキャリアに不安を感じ、プログラミング業界へ転身しようと考える30代の方は多いです。

また、30代以降に向けて展開しているプログラミングスクールや教材も増えているため、学びやすい環境も整いつつあります。独学でも学びやすく、自分のペースに合わせてプログラミング学習を進めやすい時代といえるでしょう。

30代からプログラミングを学ぶメリット

仮に30代からプログラミングを学ぶことにした場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、30代からプログラミングを学ぶメリットをご紹介します。

収入アップに向けた転職チャンスが増える

30代からプログラミングを学ぶメリットとして、まず挙げられるのが収入アップに向けた転職チャンスが増えることです。

現在、収入に不満がある方の場合、プログラミングを学んでITなどの専門職に就くことで、年収アップを期待できる場合があります。実際、プログラミング関連の収入は平均よりも高い傾向にあるため、収入アップの有効な選択肢の一つといえるでしょう。

将来性の高い働き方実現につながる

AI分野やIT業界などの急速な成長が目を見張る今、自分の仕事が将来も残っているかを不安視する方は少なくありません。

プログラミングの分野であれば、AIやITなどの業界に関わる業務ができるため、将来性が高いと言われています。

「長く働ける仕事に就きたい」「AIに奪われない仕事に就きたい」と考えている方にとって、プログラミングの学習は有効であるといえるでしょう。

副業を始めるきっかけになる

プログラミングを学習することで、副業を始めるきっかけとなることがあります。学習を進めていきながら、ある程度プログラミングの技術を身につけると、クラウドソーシングや知人からの紹介などで、ちょっとした案件に対応できるようになります。

副業をきっかけに、そのままプログラマーへと転身する事例も多く、自分らしい働き方を実現したい方にとってはメリットが大きい働き方と言えるのではないでしょうか。

スクールなどの選択肢が多い

30代からプログラミングを学ぶにあたって、メリットとなるのがスクールや教材など、学ぶうえでの選択肢が多いことです。

近年、プログラミングを学びたいといった需要は急増している状況で、自分のペースで学習が進められるプログラミングスクールや、未経験者でも分かるようにまとめられた書籍などが多数展開されています。

自分に合った学び方を選びやすいため、無理なくプログラミング学習を進められるのが魅力です。

また、最近では、ブラウザのゲームを通してプログラミングの基礎を学べるサービスもあります。

コストや学習する言語、学習範囲など、自分の都合に合わせて選べるため、ぜひ自分に合う学習スタイルを見つけてみてください。

30代からプログラミングを学ぶデメリット

30代からプログラミングを学ぶにあたり、注意したいのがデメリットです。プログラミング学習にはどのようなデメリットがあるのか、以下から見ていきましょう。

勉強のボリュームが多い

プログラミングの学習を進めるうえで、デメリットとなるのが勉強のボリュームの多さです。プログラミングは覚えることが多いうえに、日々新たな技術や言語が生まれている状況です。

すでにプログラマーとして活躍している方も、日々情報収集をしたり、自分なりに学習をしながら業務に生かしています。

全くの未経験で学習をスタートすると、勉強のボリュームに辟易することも考えられるでしょう。

働きながらプログラミングの学習をしたいと考えている方は、学習時間の確保や体力面の負担などに注意が必要です。

独学では挫折しやすい

プログラミングの学習方法の一つに「独学」がありますが、挫折しやすいといったデメリットがあります。

未経験で全くプログラミングの知識がない状態で一から勉強を始めようとすると、分からない部分が生じたときに解決できず、そのまま挫折してしまうケースが少なくありません。

プログラミングの場合、不明点があってもgoogleなどで検索して解決できることばかりではないため、詳しい人に質問して解答を得ることが最も重要です。

そのため、書籍や動画サイトなどを使って独学で学習を進めようと考えている方は、一人で勉強を継続できるかをよく考えなければなりません。

スクールの受講料が高額

プログラミングの学習方法として、プログラミングスクールの受講を検討している方が知っておきたいのが「受講料の高さ」です。具体的な金額はサービスやプランなどによって異なるものの、数十万円は必要となることが多いです。

プログラミング学習に高額なコストをかけられない方にとって、スクールの受講料は大きな負担となります。予算とよく照らし合わせ、スクールの受講を検討することが大切です。

まとめ

本ページでは、30代からのプログラミング学習のメリット・デメリットについて解説しました。

プログラミングは将来性の高い分野であるとして、近年注目を集めています。「若くないけれど学びたい」といった声も増え、今後もますます人気が高まっていくでしょう。

プログラミングの分野に興味がある方は、ぜひ本ページのメリット・デメリットを理解したうえで学習にチャレンジするか否かを判断してみてください。

粕谷麻衣

ライター・キャリアコンサルタント。「子育てと仕事を両立したい」「自分らしく働きたい」「自分の好きなことを仕事にしたい」など、今どきの働き方にフォーカスした情報を発信。取材やインタビューを通して、リアルな声を追求していくことが好き。
自身は一児の子どもを持つシングルマザー。ワーキングマザーとしての人生を楽しく謳歌中。






RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
  働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。