ビジネスマナーの一環!好感を持たれる挨拶の方法とは

好感を持たれる挨拶

挨拶はマナーの基本ポイントです。簡単なことのように見えますが、意外にできていない人も多いもの。ただ声を出すだけではなく、相手に好印象を与え、人間関係を円滑にすることが挨拶の重要な役割です。いろいろな場面で相応しい挨拶を使い分けていきましょう。

ビジネスシーンにおける挨拶の重要性

挨拶はコミュニケーションの基本であり、特にビジネスの場では非常に重要視されているものです。誰でも子供の頃から「挨拶は大切」と教わっているものですが、社会人になるとちゃんとできているかどうか、その判断は俄然厳しく行われるようになります。

「たかが挨拶」と侮ってはいけません。毎日繰り返し行われるだけに、その人がどんな人なのかという判断材料にもなっているからです。職場での評価や信頼できるかどうかにも大きな影響を与えています。

明るく元気な挨拶は、周囲の人たちにとっても気持ちがいいものです。それだけで周りに好印象を与え、同僚や上司、後輩といった職場の仲間からの人望が厚くなります。挨拶は社内の人間にだけするものではありません。営業など社外の人と関わる仕事なら、取引先にも好印象を持たれ、契約もスムーズに取れるようになるかもしれません。

逆に小さな声での挨拶や、相手の目を見ずに行う挨拶は悪印象になってしまいます。暗い人だと思われるならまだしも、やる気のない人だと思われることで社内の評価が悪くなる可能性もあるのです。

好感が持たれる挨拶のポイントとは

挨拶のやり方を考えるだけで相手に好印象を与えられるなら、実行しない手はありません。どのような挨拶をすればいいのかチェックしてみましょう。

まず大切なのは自分から積極的に行うということです。相手からの挨拶を待つのではなく、気付いたら自分から挨拶を行うようにしましょう。特に上司には自分から積極的に挨拶をすることが大切です。

次に、全ての人に対して挨拶をすることを心がけていきましょう。面識がない他の部署の人や、配達や清掃に来ている社外の人など、一緒に仕事をしている以外の人にも声をかけるようにすると、その場の雰囲気を明るくすることができます。

もちろん、毎日続けることも大切です。評価のために続けていくよりは、自然と挨拶が出るよう習慣づけていくのが良いでしょう。また、表情やアイコンタクトにも気を付けましょう。相手に聞こえなければ意味がないので、大きな声で相手の方を見て、笑顔を心がけるようにします。下を向いてぼそぼそと声を出すのでは相手に伝わりませんし、場合によっては相手を怒らせてしまうこともあります。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです。

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします。

 

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。