コンフィデンシャルの意味と使い方とは?ビジネスシーンでのコンフィデンシャルの使い方などを解説




コンフィデンシャルの意味とは?

コンフィデンシャルの意味は、ものごとの内容や情報を公開しないこと、秘密であることです。

そのため、企業のコンフィデンシャルの意味は社外秘の、国のコンフィデンシャルの意味は国家機密の、ということになります。

コンフィデンシャルは、ものごとの内容や情報、通信内容や行動が秘密のままで、永久に漏洩することがない状態であることです。

文書や手紙でのコンフィデンシャルは、親展の意味です。

親展というのは、手紙を宛名人が読んで欲しいという意味になります。

そのため、宛名人ではない人が開封するのはルールに違反するようになります。

英語の「confidential」がコンフィデンシャルの語源になります。

カタカナ語の「コンフィデンシャル」に比較して、英語の「confidential」は意味が多くあります。

また、コンフィデンシャルは、どのようなことでも任せられる、信頼が厚いという意味もあります。

コンフィデンシャルの使い方とは?

コンフィデンシャルの意味としては極秘の、秘密のなどがありますが、会社同士で取り交わすデータや書類などのように、硬くてフォーマルなシーンでほとんど使われています。

そのため、コンフィデンシャルは、カジュアルで日常的なシーンにおいて、周りに秘密にしておきたいことがらやプライベートな秘密に対して、単純に秘密のことというニュアンスで使われることはそれほどありません。

例えば、コンフィデンシャルの使い方として、次のような例文は文脈からも適切ではありません。

「営業しているときに時間つぶしで映画を見たことは、会社にはコンフィデンシャルにしたい。」

このときの適切な使い方としては、「営業しているときに時間つぶしで映画を見たことは、会社には内密にしたい。」になります。

コンフィデンシャルは、国同士や組織同士のやり取りなど、部外者や第三者に公開しないものごとの内容や情報について内密のというニュアンスで使いましょう。

ビジネスシーンでのコンフィデンシャルの使い方とは?

コンフィデンシャルの意味は内密のということから、頻繫に大切なビジネスシーンで使われています。

コンフィデンシャルを使うシーンは、緊張を伴うときも多くあります。

ここでは、ビジネスシーンでのコンフィデンシャルの使い方についてご紹介します。

機密資料に対して使う

コンフィデンシャルは、頻繫に機密資料を取り扱うときに使われるビジネス用語です。

機密資料を取り扱うときは、資料は注意して取り扱う必要があるということをコンフィデンシャルという言葉を使って相手に伝えましょう。

信頼できる部下に対して使う

コンフィデンシャルの意味は信頼が厚いということがあるので、人について使うときは腹心の人、信頼できる人という表現があります。

一般的に、コンフィデンシャルは立場が自分より下の部下などに対して使います。

また、コンフィデンシャルを名詞で使うときは、腹心の友という表現もできるため把握しておきましょう。

コンフィデンシャルとシークレットの違いとは?

シークレットという言葉は、普段の生活においても「このことはシークレットにしてください」などというように「このことは秘密にしておいてください」という意味でよく使われています。

では、コンフィデンシャルとシークレットはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、シークレットの意味についてご紹介します。

シークレットの意味としては、大きな秘密から小さな秘密まであり、はっきりと重要度を表現することはできませんが、一般的に使われるのは「このことは秘密です」というような意味であると考えていいでしょう。

一方、コンフィデンシャルは、一般的に書類、企業間などのようにフォーマルなシーンや公のシーンで使い、秘密事項を信頼できる相手にのみ公開するときに使います。

コンフィデンシャルの関連用語とは?

ここでは、コンフィデンシャルの関連用語についてご紹介します。

コンフィデンシアリティー

コンフィデンシアリティーの意味は、機密保持、機密性、守秘義務ということであり、英語表現は「confidentiality」で、使い方としては次のようなものがあります。

  • 「promise confidentiality」(守秘義務を約束する)
  • 「confidentiality agreement」(秘密保持契約)

コンフィデント

コンフィデントの意味は、形容詞で自信に満ちた、確信して、自信をもってということであり、英語表現は「confident」になります。

コンフィデントもコンフィデンシャルも意味は、形容詞で信用しているになりますが、次のような違いがあります。

コンフィデンシャルは、秘密文書を信頼できる人にだけ公開するときなどに使います。

一方、コンフィデントは、自分を確信しているときに使います。

コンフィデンス

コンフィデンスの意味は、名詞として信用、信頼、自信以外に、議員が投票するときの信任ということであり、英語表現は「confidence」で、例文としては次のようなものがあります。

  • 「I have no confidence.」(私は自信ありません。)
  • 「We will lose our confidence.」(私達は信用が無くなる。)

コンフィデンシャルの類義語とは?

ここでは、コンフィデンシャルの類義語についてご紹介します。

シークレット

シークレットの意味は、秘密ということです。

隠されていることなどに対してシークレットは使います。

シークレットは秘密であるというときに使います。

また、トップシークレットは秘密の程度が高いときに使います。

普通のシークレットに比較して他の人に絶対に知られたくないときには、トップシークレットを使いましょう。

プライベート

プライベートの意味は、私的なということです。

プライベートの対義語はパブリックになります。

パブリックの意味は、公共ということです。

公のシーンでは、情報を公開するときが多くあります。

例えば、何かのメンバーになるときに、名前や住所などを公開するときがあります。

しかし、プライベートのときは情報を公開しません。

そのため、情報を秘密にしています。

コンフィデンシャルとプライベートは、このことが共通しています

コンフィデンシャルの対義語とは?

公開や公然が、コンフィデンシャルの対義語になります。

公開は、例えば、映画を公開する、情報を公開するなどというように、ものごとの内容や情報を世の中一般に伝えるということで使われます。

一方、公然は、例えば、公然の打ち明け、公然の仲などのように、周りの人に隠さないで伝える、周りの人に明らかにするということで使われます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。