エンドコンテンツの意味とは? 使い方やメリットなどを解説




エンドコンテンツの意味とは?

エンドコンテンツという言葉の意味は、非常にロールプレイングゲームが好きな人であればわかっているでしょう。

ゲーム用語として、エンドコンテンツは使われています。

ここでは、エンドコンテンツの意味についてご紹介します。

エンドコンテンツのエンドは、物事や時間の最後・終わり、端、結末という意味の「end」です。

コンテンツは、中身、内容物という意味の「content」の複数形です。

エンドコンテンツの意味は、ゲームを普通のルートでクリアした後に続くコンテンツをいったり、レベルや装備をアップすることによって難易度がさらに高いステージなどにチャレンジしたりできる内容をいったりします。

エンドコンテンツの意味はゲームの内容の終わりというように感じるため、ゲームの終わりのボスを倒すことや物語のクライマックスなどをイメージするかもしれませんが、これは間違っているため注意しましょう。

そのため、エンドコンテンツは、ヘビーユーザーといわれている、こよなくそのゲームを愛し、徹底して技を極めたり攻略したり、登場する全てのキャラクターと戦ったり、ゲームを時間をかけて行ったりする人のためのコンテンツでしょう。

エンドコンテンツの意味としては、何回でも楽しめる、いつまでも楽しめるということがあります。

つまり、エンドの意味としては、エンドレスという意味合いが含まれています。

このような意味合いは言葉からはわからないため、勘違いの要因になることがあるため注意しましょう。

「End Game Content」が、外国におけるエンドコンテンツです。

エンドコンテンツは、和製英語であると考える方がいいでしょう。

例えば、英語の「squeeze play」が野球のスクイズであるのと同じようなものです。

最近は、オンラインで外国のゲーマーと繋がるときが多いため、「End Game Content」が英語圏におけるエンドコンテンツの意味になることを把握しておきましょう。

エンドコンテンツの使い方とは?

ここでは、エンドコンテンツの使い方についてご紹介します。

ゲーム以外にもエンドコンテンツは使われるときがある

「end」(終わり)と「contents」(内容物)を組み合わせた言葉が、基本的にエンドコンテンツです。

一般的に、ゲーム用語としてエンドコンテンツは使われていますが、わずかですが、本や雑誌の中身やネットのサイト内容の終わりの箇所を意味することも、環境によってはあるようです。

エンドコンテンツを使った例文

ここでは、エンドコンテンツを使った例文についてご紹介します。

  • 「エンドコンテンツで遊ぶことが、やはりゲームの醍醐味である。」
  • 「普通のステージで苦しんでも、エンドコンテンツのために頑張れる。」
  • 「エンドコンテンツは、たっぷりやりこみ要素があるためモチベーションがアップする。」
  • 「ゲームのエンドコンテンツは、最果ての地といえる。」

エンドコンテンツのメリットとは?

ここでは、エンドコンテンツのメリットについてご紹介します。

終わりがないためプレイがいつまでもできる

エンドコンテンツのメリットは、終わりがないためプレイがいつまでもできることでしょう。

エンドコンテンツは、終わりのない内容という意味のエンドレスコンテンツであり、終わりがないことです。

そのため、普通のステージで体験するようなゲーム感覚でなく、自由によりストレスフリーで楽しめるだけでなく、それまで楽しんだキャラクターの全てと対戦したり、いつまでも時間を気にしないでプレイができたりします。

エンドコンテンツは、好きなだけ、いつまでも楽しめるものです。

レアな装備・アイテムが満載

エンドコンテンツは、お楽しみコンテンツとしての認識がプレイヤー間では非常に高く、レアな普通のルートでは得られない装備・アイテムなどが獲得できることができることがメリットになっています。

エンドコンテンツは、ドラゴンクエスト(ドラクエ)やファイナルファンタジー(FF)などの非常に有名な人気ゲームでも馴染みのもので、プレイヤーの多くはロマンと夢をエンドコンテンツに載せて、日夜通常面クリアを目標に格闘しているときが多くあるようです。

エンドコンテンツの英語表現とは?

「end content」が、エンドコンテンツの英語表現になります。

しかし、日本においては一般的にカタカナ表記のエンドコンテンツの方が伝わりやすくなっています。

アルファベットで書く習慣がないため、カタカナ表記がメインになってエンドゲームコンテンツになります。

ちょっと長く感じたためか、現在では一般的にエンドコンテンツと省略されています。

ほとんどはエンドコンテンツといわれていますが、外国のプレイヤーも多くいるため「end game content」を目にするときもあります。

もし「end game content」を目にしたときは、エンドコンテンツのことであると考えてください。

「game」つけるかどうかによって相当イメージは変わりますが、「end game content」もエンドコンテンツも同じ意味です。

なお、注意する必要があるのは、「end content」とエンドコンテンツを表現するときです。

エンドコンテンツの「end content」は、単数形の「s」がつかないことを把握しておきましょう。

周回プレイとエンドコンテンツの違いとは?

ここでは、周回プレイとエンドコンテンツの違いについてご紹介します。

周回プレイというのは、ゲームをクリアしても、また初めからプレイすることです。

上手く1周目ではいかなかったところをクリアするなど、新しい目標で楽しめます。

ゲームとして周回プレイの機能があるものは、難易度も周を重ねるごとに高くなる傾向があります。

周回プレイとエンドコンテンツは、いずれも「ゲームを一度クリアしても楽しめる」ということが同じですが、次のようなことが違っています。

プレイヤーレベルを引き継がないことも周回プレイはありますが、プレイヤーレベルを引き継ぐこともエンドコンテンツはあります。

しかし、別物と両者を捕らえないで、エンドコンテンツの一種が周回プレイであるというように考えることもできます。

そのため、エンドコンテンツと二周目の周回プレイをいうこともできます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。