一度ついてしまったサボり癖!克服法を会得して早期撃退しよう

サボり癖 克服法

サボり癖撃退のための二大克服法!

心と体を正しく動かす!規則正しい生活リズムを保とう

人間の心と体は密接に連動しているので、規則正しい生活リズムを保つことによって、心と体のバランスを取ることができ、サボり癖も少しずつ治っていきます。

具体的には、毎日の早寝早起きを心掛けることと、食事をしっかり取ること、それにプラスして、帰宅したら寝るだけではなく、ストレッチなどの軽いものでもいいので、適度な運動をすることで体がリフレッシュされます。

あまり大きな目標を掲げず、近い目標を設定する

「サボり癖を克服しよう!」と思ってしまうあまりに、「一年後には役職に就くぞ!」など、大きな目標を掲げすぎてしまう人がいます。ですが、これはダメな例。なかなか達成できない目標を設定してしまうと、「やりきった」という感がなく、サボり癖がまた再発してしまうのです。

サボり癖を治すためには、「短い期間の目標設定」が不可欠。たとえば、「この仕事をやり切るまでは集中しよう」「今日一日の目標はこれ、これを達成したらしっかり休もう」などでいいのです。これを実践していくことによって、少しずつサボり癖が克服されていきます。

まとめ

さぼり癖と病気は紙一重。「サボらないようにしなきゃ」「これじゃだめだ」など、無理に自分を追い込むのはよくありません。余計に症状が悪化してしまいます。

サボり癖の克服法は、案外と、それほど頑張りすぎなくても始められるもの。「もしかしてサボり癖が付き始めてるかも?」とあなたが思っているなら、ぜひ一度試してみてください!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。