「仕事できるね」と周りに言われる♪仕事の効率化に必要な3つのルール




せっかくお仕事しているなら、やっぱり人よりできるねって言われたい!

でも今以上に仕事を抱えて無理はしたくないし。なんて考えている働き女子は、お仕事の効率化を図ってみませんか☆

でも、「できるね!って認めてもらうのは難しそう」なんて思われがちですが、効率化に必要なのは3つのルールに当てはめてみるだけ!

3つのルールを実践して、アナタも今日から効率的なお仕事女子になっちゃおう☆

1、1つ1つの仕事が自分はどの位で終わるのかしっかり把握する!

次この仕事やってほしいんだけど。と頼みごとをされたとき、あなたはどう返答しますか?わかりました!と気持ちよく返答するのももちろん良いのですが、そこに、

  • 今行っている作業はどの位で終わりそうか
  • 依頼された仕事はだいたいどの位かかりそうか

と併せて返答することで依頼してきた人に安心感を持ってもらうことはもちろん、自分も無理のない時間設定を指定することで慌てずにミスなく対応が出来るので、ぜひ実践してみましょう!

初めて頼まれる事であれば、最初なので確認しながらやりたいこと、だいたい遅くても何時に終わらせてほしいかを聞いておく事で、同様に慌てず対応することが出来ますよ◎

2、スキマ時間のながらタスク整理をクセ付けする!

1つの仕事が一段落、ちょっと一息と一緒にタスク整理をするクセもつけましょう☆

お気に入りの飲み物を飲みながらでも、今日はあと何の仕事をしなければならないか、何が終わっているか。懸念事項はあるか、をぼんやりでも構わないので考えるクセをつけましょう。ちょっとした時間=整理する時間にすることで頭の切り替えが早くなり、スムーズに仕事を進める事が出来ます☆

その時は必ず無理に詰め込むタスクにしないことが大切。重要なものから挙げがちですが

そうなるとタスクがすぐにパンパンになってうんざりと、せっかくの息抜きも憂鬱になってしまいますよね。無理なタスクは仕事の効率化をするうえで大敵!

なので、何か明日でも問題ないものはないか?という視点から整理をしましょう☆

3、できる仕事から着手する!

ぱっと読むと、当たり前の事では?と思いがちですが、

仕事で陥りがちなのは、きっちり順序を踏んで仕事をすることということに囚われすぎてしまうことによる時間ロスです。

やらなきゃいけない事はあるのに、資料が来ないので待ち状態

なんて歯がゆい思いをすること、ありますよね。

ではその待っている間に、代わりに出来る仕事はないか?という事が「できる仕事から着手する」ということなのです!

最終的にメールで提出する必要があれば、メールの文章と宛先を作成しておくなど、順序としては違うけれど、先に対応しても問題ない部分までは先回りして着手し、待ち時間も作業時間に変える事で仕事の効率化が図れるので効果絶大!

待ち時間になってみたら、じゃぁ何か他に出来ることはないかな?と考えてみて下さい☆

先回りして出来ることを済ませておくと、慌てずミスのない仕事ができるので「仕事ができる人だな!」という印象を与えることができます!

仕事の効率化が行えると、余裕を持って対応を進める事が出来るようになったり、残業を減らして自分のプライベートもしっかり持てるようになったりとメリットづくし!

「仕事の効率化」と聞くと、なんだか難しい感じがしてしまいますが、今回紹介した3つのルールは誰でもすぐに始められるので、ぜひ実践してみてくださいね☆

ただし無理は禁物!!まずは自分に無理のない範囲からゆっくり慣れて行くことを忘れずに始めてくださいね♪






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。