秋の味覚「きのこ」を使った10分以内にできる簡単常備菜 3レシピ【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

秋の味覚「きのこ」




こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。今が旬の「きのこ」。しいたけや舞茸にしめじなど美味しい季節ですよね。きのこはヘルシーで低カロリーにも関わらず、食物繊維やビタミン、ミネラルもバランスよく含まれています。カリウムも豊富に含まれているので、むくみ予防にも効果が期待できますよ。

そんな美味しいきのこ、せっかくならモリモリ食べたいということで、今回は10分以内でできる簡単常備菜レシピを3つご紹介します。

色々きのこのペペロン

秋の味覚「きのこ」

材料(作りやすい量)

しめじ・・・1株

舞茸・・・1株

にんにく・・・・1かけ

アンチョビフィレ・・・・2枚

オリーブオイル・・・・適量

鷹の爪(輪切り)・・・1本

塩・・・小さじ1/2

ブラックペッパー・・・適量

パセリ・・・適量

作り方

  1. しめじは、石づきを取り、ほぐす。舞茸はほぐす。アンチョビフィレ、にんにく、パセリはみじん切りにする。
  2. 中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、アンチョビフィレ、鷹の爪を香りが立つまで炒めたら、しめじ、舞茸、塩を入れ、しんなりするまで炒めたら、ブラックペッパーをふりパセリをちらす。

おつまみにぴったりの一品。そのまま食べても、もちろん美味しいですがパスタに和えればそのままペペロンチーノとしてメイン料理にもなりますよ。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。