「糖質制限」その食べ方ではヤセません!【ワイン&フードスタイリスト/すどうみほこさん】

糖質制限

「糖質制限」その食べ方ではヤセません

うーん、なんとも刺激的なタイトルの本であります。
ここ数年、ダイエット法として定着した糖質制限。以前ダイエットと言えば摂取カロリーを気にする人が多かったと思います。「お昼だけで、1500kcalオーバーだから夜は減らそう」といった具合に。もちろん1日あたりの摂取カロリーを気にすることも重要だけれど、お米、パンなど炭水化物をひかえ、良質なたんぱく質や食物繊維を毎食確保するなど、糖質の摂取を制限する食事方法は今や市民権を得ています。糖質オフビール、パン、スイーツの開発や、関連本、レシピが書棚に溢れかえるなど、糖質制限の注目度は高まるばかりです。

糖質制限

「糖質制限」その食べ方ではヤセません(青春出版社)

今回ご紹介する本の著者、大柳珠美さんは私の公私ともに渡る友人です。共著で本を出版し、プライベートでは家族ぐるみで過ごすほど仲良しの彼女が糖質制限を始めたのは、今から10年以上前のことです。きっかけは、ご自身が勤務するクリニックの糖質制限理論を用いた栄養指導の仕事とご主人の健康のためでした。でも、当時その話を聞いた私は、にわかに信じらせませんでした。だってこれまでは、まずビールを飲み、ワインと合わせて食事を楽しみ、シメのラーメンに行くというような私たちでしたから。

(私)   「え? 今日は飲んだ後ラーメン行かないの?」
(大柳さん)「行ってもいいけれど、これからはラーメンではなくてラー」
(私)   「ラー? ちょっと待って。ラーってまさか具だけ? 麺なし??」

彼女の強い決意に圧倒され、とまどい、時には寂しささえ覚えた私です。指導をするからには、まずは自分自信が実験台にならねばということで、参考になる書籍が少なかった時代に、「これがいい」と言われた糖質制限を一通り実践し試行錯誤を繰り返す彼女でした。そんななか、会うたびに目に見えて変わっていったその姿には本当に驚いたものです。体重が減り、ウエストサイズダウンし、数年来悩んでいた手指の湿疹も治り、ドライアイでいつも眼鏡だった(眼鏡もかわいかったけど)彼女がコンタクトもつけられるようになったのです。健康的に痩せてどんどん魅力的になっていったのがついこの間の事のように思い出されます。

大柳珠美

糖質制限でキレイに痩せた大柳さん

その人にあった「糖質」をどう摂るかという時代に突入?

大柳珠美さんは私と同じ年で1968年生まれ。お互い40代ラストの年となります。
これまで彼女からはたくさん糖質制限について教えてもらってきました。
良質なたんぱく質の確保が大事で、1食に肉、魚、大豆がそろうと理想的だということ。根菜は一見良さそうだけれど、糖質は多めのものがたくさんあるから上手に摂取するということ。魚油、アマニ油、えごま油などを積極的に摂ること。紫キャベツ、紫タマベギ、パプリカ、ブルーベリーなど色鮮やかな食材がよいことなどなど。この度出版された本を読んだのですが、これはもうご紹介せずにはいられません。大柳さんはこう言います。「糖質制限は制限すべき栄養素については明確にしているものの、何をどのように食べればよいかに関し、これまであまり触れられてこなかった。これからはそのことを考えないと」。
SNSほかさまざまなメディアで糖質制限の断片的な情報が溢れているいま、糖質制限を11年実践し、クリニックで2万人の方の食べ方を検証した彼女しか書けないこの本、本当にオススメです。

大柳さんからコメントは以下の通りです。

美容にもダイエットにも健康のためにも、血糖コントロールが欠かせないことは、もはや世界的常識といっても過言ではありません。血糖値を上げる栄養素は、基本、糖質だけ。そのため、食で健康を叶える上では、糖質制限が不可欠です。しかし、どのくらい制限するかは、個々人の目的や筋肉量や健康状態などさまざまな要因によって、細やかに見ていく必要があります。そして、もっと大事なことは、制限した糖質のかわりに、何をどう食べるか。本書を(わたくしの残念な失敗談も含め!!)皆様と、皆様の大切な方々の、末長い健康にお役立て頂けましたら幸いです。

正しい知識を得て、食べ方を学び、健康的にヤセたい方には必読書です。

Profil

すどうみほこ
エッセイスト/ワイン&フードスタイリスト
1968年東京生まれ。夫、娘、小型犬とともに東京在住

青山学院大学社会学情報学部ヒューマンイノベーション科修了(修士)。
明治学院大学フランス文学科を卒業後、ワインメーカーに入社。その後、フリーランスとなりワイン・食に関する執筆、講師などをして活動している。
著作に「シャンパン&スパークリングワイン」(主婦の友社)、「フランスAOCワイン事典」(三省堂 共著)、「おいしいワインの基礎知識」(KKベストセラーズ)、寄稿に「Winart」(美術出版社)ほか。
ワインアドバイザー(社団法人日本ソムリエ協会)
シュヴァリエ(フランスチーズ鑑評騎士の会)
シュヴァリエ(シャンパーニュ騎士団)
インスタグラム:オススメレストランなど食情報を発信中!
https://www.instagram.com/dessinerlasaveur/

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。