もしかしてつけすぎ!?TPOに合わせて香りを使いこなそう!




香水はマナー!それに大好きな香りをつけながらお仕事出来るのはモチベーションアップにもなるし♪なんて思っている方多いと思いますが、シチュエーションによってはあまり良いと言えないかもしれません。

素敵な働き女子でいるならその時その時に合わせた香りをつけてみませんか?ちょっとした香水のマナーをチェックしてみましょう☆

1,まずは香水のTPOを理解しよう

香水は基本的にはつけていても誰も何も言いませんが、場所によっては流石に失礼じゃない?なんて内心思われる場合もありますので、特に下記の場所では注意しましょう

<お葬式や病院>

お葬式はお悔やみの場であり、故人を偲ぶ場所ですのでそんなところにわざわざ香水?なんて思われてしまう場合もありますし、お線香が焚かれているので自身が付けた香水が組み合わさると不快に思われる場合があります。

病院は体調が優れない人が多く集まる場所です。そのような場所に香水を付けていっては、匂いで余計体調が悪くなる人もいる場合がありますので控えましょう。

<食事がメインの場>

さり気なく香る分には食事の場でもあまり不快に思われる事はありませんが、そもそも目的が食事の場合には、香水は食事の邪魔になりますのでそれを念頭に入れたうえで香水をつけるようにして下さい。

上記の場合意外でも、日々香水を付けている方は匂いに慣れてきてついつい香水の付ける量が多くなってしまいがち。香水を付ける量などは常に一定にして、自己判断をしないで時には「ちょっと匂いキツイかな?」なんて気兼ねなく聞ける人に聞いてみてくださいね。

あの子香水キツいよねなんて後で言われるのも悔しいですから、自分から注意していきましょう!

2,場所によって香水を使い分けてスマートさUP

割と香水には寛容な現代ですが、厳密にマナー等を考えると場所によって香水も分けられるとスマートですよ♪

<結婚式などのフォーマルな場>

フォーマルな場では香りも華やかなものを選ぶと良いでしょう。フローラル系の香りを付けてお祝いの場を更に彩りたい所ですね。特に白いお花がベースに作られている香水は更に良いとされていますので、白バラやスズラン、ナルシスなどのお花が使われている香水は特にオススメです。

<スポーツをする場>

スポーツをする場所では爽やかな香りがするものを付けると気分もスッキリしますので、レモンやグレープフルーツ、オレンジの香りなど、柑橘系の香りを付けるのがオススメです。

スポーツの際は汗の匂いも緩和することが出来るので付けておきたい場面ですね!

<デートの際は自分の好きな香りを楽しんで>

結局どんな場所で気に入った香水を使えばいいの?なんて思ってしまうかもしれませんが、デートや友人とのお買い物などの際は思いっきり自分の好きな香水を付けてください♪

やっぱり自分が好きな香りを付けることが一番テンションもあがりますよね☆

マナーのつもりで付けていた香水が実はマナー違反なんて事もありますので、やっぱり香水を付ける場所等には注意したいものですね。

でもそこさえしっかり抑えれば自分の好きな香りを思いっきり楽しんでOKということ!

日々色々な香水を試してみて、これ好き!と言うものに出会えた時はやっぱりとっても嬉しいですから、あの時に使おう♪なんて場所に合わせて香りを楽しんでくださいね!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。