我慢の冷却期間!連絡を始めるタイミング5つ

連絡を始めるタイミング

よりを戻す恋愛の形が市民権を得てきた現代。その中でよく目にするのが、「まず冷却期間を取りましょう!」というもの。相手と接触しない時間を作って距離を置く事で、お互いの気持ちを落ち着けたり、険悪な状況を緩和させてくれます。
今回は、冷却期間をどのくらい我慢したら連絡が来たのか、そのタイミング3つをご紹介したいと思います!

1週間ですぐ連絡!相手のほうが寂しくなってしまったケース

この場合は、そもそも相手のほうがあなたを嫌っていた訳ではなかったケースです。
一時的に険悪になったり、分かり合えなくなってしまったので離れてしまったけれど、必ずしも本気で相手が冷めてしまった訳ではない場合があります。
ぶつかったりすれ違っている時というのは、お互い相手を分かろうとする気持ちよりも、自分の気持ちを分かってほしいという欲求が大きくなっている状態。自分を傷つけた事を思い知らせようとして、あなたがショックを受けると分かっている「別れ」を思わず切り出してしまった……という可能性も大いにあります。
早めの開いてからの連絡があったときは、別れた時に感情的になっていただけの場合があるので、あなたが大人になって様子を見るようにすれば、案外すんなりよりを戻せるかも!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。