知っておいて損はなし!ネットバンクのメリットとデメリット

ネットバンク

ネットバンクという言葉は、昔に比べてずっと耳どおりが良くなりました。便利な銀行として普及率が高まり、メインバンクだけではなく、サブバンクとして使っている人も多いようです。平日、窓口が開いて居る時間に銀行に向かうことのできない現代人にとっては、大変なメリットのある銀行に思えます。もちろん、便利なものにはそうではないデメリットという側面もあります。

今回は、ネットバンクのメリット・デメリットについて見ていこうと思います。

 

ネットバンク基礎知識を押さえよう

まず、ネットバンクとは?

大手の銀行が行っているサービスの中に、インターネットを使って一部の機能を行うことが出来るものもありますが、厳格にはそれを「ネットバンク」とは呼びません。ネットバンクとは、実際に店舗を持たずに、すべてのサービスをインターネットを通じて行う銀行のことを指します。

例えば、有名なところだと楽天銀行や、ジャパンネット銀行、じぶん銀行などが挙げられます。

 

ネットバンクで出来ること

ネットバンクで出来ることに制限があるのでは、と思っている人もいるかと思いますが、実店舗を持っている銀行の機能はネットバンクでも行うことが出来ます。メインバンクとして利用するには、のちに述べるATMの問題などから難しいかもしれませんが、通販や振り込みに使用するサブバンクとしては優秀だと言えるでしょう。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。