どの楽器での演奏が好き?音の群れに追いかけられる熊蜂の飛行【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪
今回は、息もつかせぬ超絶技巧な曲をご紹介します。

熊蜂の飛行/リムスキーコルサコフ


ロシアの作曲家のリムスキー=コルサコフが作曲したもので、アレクサンドル・プーキシンの原作が元になっているオペラ「サルタン皇帝」の第3幕で、主人公が魔法で蜂になり、悪者に襲いかかるシーンで演奏されます。
まさに鬼気迫った音の群れが蜂の群れの羽音のようですね!

オペラのための曲なので、本来はオーケストラで演奏されますが、演奏者のテクニックをよりたくさんの楽器で味わえるように様々な楽器でのアレンジがあります。
1分ほどの曲なのでたくさんのヴァリエーションをお聴きください♪

ピアノ独奏


羽音というよりも少しキラキラしている雰囲気ですよね!ラフマニノフの編曲が有名です。

ヴァイオリン独奏


ピアノ伴奏版もあります。ヴァイオリン版はヴァイオリニストの神様で有名なハイフェッツ編曲なのです。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。