孤高際立つ エルガーのチェロ協奏曲【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪

今回からエルガーについてご紹介していきたいと思います!
以前、コラムでもお伝えした通り筆者はチェロが一番好きな楽器ですが、チェロが大好きになるきっかけとなった曲からご紹介していきます!

エドワード・エルガー(1857-1934)

イングランドの作曲家、指揮者、音楽教師、ヴァイオリニストであった。(多才能!)なんと、亡くなる10年前からは国王の音楽師範を務めました。有名な「愛の挨拶」や「威風堂々」もエルガー作曲のものです。

エルガー / チェロ協奏曲 ホ短調 作品86


1918年に作曲されました。協奏曲としては珍しい4楽章構成です!

第1楽章 Adagio-Moderato

重音を用いた劇的なチェロの独奏が冒頭からはじまります。全楽章を通して見られる主題となる旋律が1楽章に出てきますが、エルガーが病床にいたときの心情が反映されているようです。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。