連絡頻度問題【ライター/DJあおい】

連絡頻度問題

毎日たくさんのお悩みを拝読させていただいているのですけども、その中でも連絡頻度の問題に悩まされている人は多いです

当初は毎日のように連絡を取り合っていたのに、三日に一度になり、一週間に一度になり、ついには月に一度になり

日に日に少なくなってゆく連絡頻度から感じる恐怖心というのは『フェードアウト』の恐怖心

諦めた方がいいのか、それとも待っていてもいいのか、その判断もつける材料もなく、真綿で首を絞めつけられるような不安な毎日が悪戯に時間を消費してゆくだけ

『たかが連絡くらいで』と思う方もいるのかもしれませんが、待っている側にとってはこれがなかなか深刻な問題だったりするんですよ

 

連絡頻度が落ちてゆく理由で最も多い理由が『忙しい』という理由なのですが

『忙しい』という理由で疎遠になりたくないのが優先順位の高い人

直接会って話をすることは時間的に厳しいものがあるからこそ、連絡くらいは時間の隙間を見つけてはマメにしたりするものです

会えないからこそせめて連絡でその関係を繋いでおこうとするのが優先順位の高い人に対する対応なんですね

それに優先順位の高い人には『忙しい』と悟られたくないんです

なぜならそれを悟られると気を使わせてしまい距離を置かれてしまうかもしれないから

だから優先順位の高い人には『忙しいの?』と聞かれても『全然!暇っすよー、へへ』と嘯いたりするものなのです

今の職場に不満がある20代女性の方へ

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

「おしごとスタイリスト」は、一般的な転職エージェントと比較して広告費をほとんど使わずにサービスの質向上へ力をいれているため、隠れた優良転職エージェントです。

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

このようなお悩みを持っている方を、フランクなキャリアアドバイザーが完全無料でお手伝いしています^ ^

あなたにとって最も良いキャリアの選択ができるようなサポートを致しますので、お気軽にご相談下さい!

詳細ページへ

LINEで無料相談

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。